宛先はコチラ


大事なことは、みんなうまいもんからおそわった

苦いカラメルがかかったプリンが好きだ。





昔はプッチンプリンが大好きだった。ハウス食品のプリンミクスでボール1杯のプリンを作ったこともある。

ただし、年とともに、あまいこってりとしたプリンだけでは物足りなくなってきた。
味の単調さに、飽きてしまうのだ。
だから苦いカラメルをかける。苦味がはいることで、グッと口に合うようになる。

昨日食したクレームブリュレもそうだった。
ただ甘いだけではなく、洋酒がはいったクリーム部分。
出される直前に作られた表面のパリパリ部分は、スプーンをいれると、カリッという音を控えめにたてながら、スプーンと共にクリームへと沈む。
あたかもクリームが主役のように思われがちだが、口の中ではクリームだけが引き立つのではなく、脇役と思われるカラメルがそのクリームで味が引き立つ。お互いがお互いを引き立てているのだ。

ミルフイユも同じようなものだ。
c0019396_1515052.jpg構造はプリンと違って、パイの層にクリームが挟まれている。ただし、パイ部分が甘くては、クリームのおいしさが引き立たない。パイ部分が湿りすぎていたら、サクサクととろとろを口の中であわせる楽しみがなくなってくる。

質の異なる二つが合わさることは、相乗効果を生み出すのだ。
いや、訂正しよう。
質の異なる二つだからこそ、美味は生み出されるのだ。

ハレな気分と凹んだ気分しかり。
男と女しかり。
企業のコラボレーションしかり。

クランボンの新アルバム「てん」の中に「バイタルサイン」という曲がある
   不安と 不安の その隙間に 何より 変えがたい いとおしい暮らし
   パイ ト パイ ノ スキマ ニ ナニヨリ カエガタイ イトオシイ クリーム


嗚呼。なんて大事なことが目の前に落ちていることに気がつかなかったのだろう。

らっきょには中心がなく、皮がらっきょを構成しているのと同様、日々不安を感じることがあっても、それは毎日の生活のおいしさを作る1パーツなのだろう。もしかして、人間と猿の決定的な違いは、人間が「らっきょは皮から構成されている」ことをわかっていることなのか?

こんな「ちがうだろーがっ」というつっこみがきそうな妄想を繰り広げながら、今日は、自分のために、マキシムのナポレオンパイを買って帰ろうかと、背伸びをする午後3時。。。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-03-30 15:11 | 宛先は過去日記

<< 衝動を駆り立てる、シズル感のある広告      ラグジュアリーな生活@コンビニ? >>

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧