宛先はコチラ


漢のためのファッション

男性に関するモテおよび、いたるところであたしが残したコメに対し。「『自分のことを振り返りましょうね』とたしなめられるであろう。そうであろう。それでも書かなきゃいけないのが定めなの」、と半ば開き直っております。これもなにもかも仕事柄と思って許してください。

モテることはさておき。身だしなみを含めたファッションというのは、社会生活を営む上で切っても切り離せないものです。だって、裸の王様のように、革靴+靴下だけで通勤できないでしょ?いやっ、しないでくれっ、頼む(汗)





ファッションの情報源として主流なものが雑誌。
女性誌はどの年代でもファッション誌というものが存在します。「いくつになっても女でイタイ/輝いていたい」という気持ちを表現する機会が増えたからでしょうね。だからこそ、女性誌というのは、年代別だけではなく、ファッションテイスト別に分けることができます。
あの子はJJ系だの、グラマラスだの、OGGIだのってね。

20代OLちゃんたちが洋服を買いたくなるのは1位デート前、2位セール中、3位臨時収入が入ったときなど、「彼氏に会うためにきれいなあたしでいたいの(はぁと)」という男性の目を意識した理由が多いのです。回答コメントには↓、
カレとはいつも新しい服で会っていたいから、デート前には洋服がほしくなります。

嗚呼、なんてかわいい精神なんでしょう。見習いたいもんです(反省)。


一方の、男性誌ってファッションテイスト別で雑誌を区別することができないのですよ。
そもそもファッション誌は20代までのものと考えられていた節があります。
読者平均年齢と中心年齢だけで比較してみると、ファッション誌の読者はは20代のみ。30~40代はビジネス誌(自己啓発系)、モノ・グッズ誌、40代~50代になると、グラビア誌、そして50~になると、ビジネス(経営系)や読物誌となり、年齢が上がればあがるほど、ファッションからかけ離れた生活になってしまうのですね。「ファッションなんてちゃらちゃらしたことをぬかすんじゃないっ、まずは仕事しろっ」というオヂサンのお怒りの声が、私の耳に届きそうです。

ところが、最近続々と創刊された、「LEON」「BRIO」「UOMO」「GENTRY」など、40-50代をターゲットとした男性誌は、売上もいいという話もちらほらと聞かれますよ。ああ、やっとほぼ全世代をカバーするファッション誌がでたのか、と思っていたらどうやら間違いだった模様。これらは、ファッション誌ではなく、ライフスタイル誌という位置付けになってます。まだファッションを語るには抵抗があるのか?

というよりも、実際男性は洋服を購入してないんですよね。ITインパクト調査によれば、
1年間の洋服代は男女間で差があるのはもちろんですが、20代の男女間で43773円もの差があるんですよ。
そんな大きな差があるし、一日のうちの大半を着て過ごす服がスーツが多い割には、女性の半額近くしか洋服代を使わない男性。生活の中心は会社であるので、購入するのはスーツが中心となり、それだけで終わってしまうということが伺えます(下手したら、1年のうち、スーツを1回も買わないということもあるか)。
男性こそ服装と仕事が切り離せないものであるのに(もちろん職種によります)、そんなに購入経験が少なければ、センスも経験値もあがらんわなぁ。

それでも年代があがるにつれて、自分の容姿については、何気に気にしてるんだよね。
ひげづきあいを愉しむ会というサイトでは、「ひげとひげ肌にまつわる本音」と題したアンケートを実施し、容姿に関する男性の意識調査を行っております。

男性が「これさえなければ俺はモテる!」と思うものは、
1位「ちょっぴりでてきたおなか」45.5%、
2位「ちょっぴり残った首ひげ(あご下や首周りの剃り残しひげ)」28.0%
3位「ちょっぴり低い身長」25.9%
と、『体型』を気にする傾向がある模様。そんな男性諸君は自分自身の評価に対しては謙虚な姿勢を見せております。

「自分はイケてると思うか?」との問いに、
「人並みに…」が52.4%「出川哲朗よりはイケてるだろう」「むしろ『抱かれたくない男』日本一は俺だ!」が合わせて34.8%など、謙虚な答えが目立ちました。
また、男性に「彼女(妻・愛人!?・その他)はあなたにゾッコンだと思うか?」を聞くと、
「「そうなるよう努力中!」「結構彼女は倦怠ぎみ…」が合わせて51.3%と、努力はするものの、彼女や妻の愛情に対しては今ひとつ自信がないようです
でもね、ちょっとだけホッとしていい部分もあるんですよ。
女性たちに「あなたの彼氏(夫)はイケてると思うか?」を聞くと、「めちゃめちゃイケてる」「木村拓哉やヨン様には及ばないが、わりとイケてるはず」が合わせて30.5%と、自分の彼氏や夫を好意的に捉えている女性が3割にも及び、彼女(妻)のいる男性を勇気付ける結果となりました。

ね、好きな人には甘いんですよ。ほら、そこでこれを読んでるきみっ。鼻の下が伸びてるよっっ

ファッションもある意味自分自身のプレゼンテーションの一部な訳ですよ。彼女・妻に対しての、プレゼンテーションをする気力は下がりませんか?(そうじゃないやいっていう声も聞いてみたい)だって、彼女(妻)は戦いの場ではないわけですから。あくまでも、男性の戦う場所というのは「仕事(会社)」なんですよね。

あくまでの想像の世界なのですが、男性が自分プレゼンテーションをする相手は、その仕事(会社)をしている上で、会社の上司・同僚・後輩だったり、近所のおばちゃんだったり、ちょっと仲のいい異性の友達だったり(?)。ちょっと距離がある関係ながらも、接する機会/見られる機会。自分を中心とした円を描いて見たら、すこし離れた社会を意識してるのではないかと。終身雇用制度が崩壊されたと言われている現代だからこそ、生き残るためにはプレゼンテーションをする必要はあるのです。(このへん、想像だから、どう思うか教えて欲しい)。

まあそうはいったところで、「やっぱ、俺まずいかなぁ」と思い始めて、突然ブランド物に手を出したって失敗するだけです。「ちょっと、キモイよね」と、社内で言われるのがオチです。今までの経験値が低いのですから、周囲だって高望みしているわけではないし、無理はしなくていいんです。ただ、敢えて申し上げるなら、「キモクないポイント」だけを抑えておくということをまずは念頭においてみましょう。

じゃあ、キモいと思わせるものは一体何か?現代ネットではおじさんファッションのキモイ・キモクないの境界線について挙げております。
<キモイ>
×アわざわざブランド自慢するオジさん
×体形が崩れちゃってる人→ブランド服に着られてる感が
×胸毛のチラ見せは論外
×クールな雰囲気→ドラマや映画のキャラに振り回されているよっ
×手入れのない無精ヒゲ→手入れをしなければ単なる汚いオヤジになりかねない
×あちこちにジャラジャラつけるアクセサリー→つけすぎはうさんくさいキャラに
なんて厳しい目が投げられてますよ、おじさん。

ファッションの「キメキメ」状態っていうのは、人に安心感を与えないものです。
だから、記事のインタビュー結果にも挙げられているけれど、まず何よりも重要なのは「さりげなく着こなす」ということと「清潔感」ということを重視すること。これだけは念頭に置いたファッションをお心がけください必要とあらば彼女(妻)のサポートも得てね。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-04-08 12:33 | 宛先はニュースなネタ

<< 違うよぅ、脇が甘いよぅ      2005年4月8日天気良好、花満開 >>

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧