宛先はコチラ


スターウォーズ

自慢しよう。

私はスターウォーズを全部見たことがない!

第一作目は10分ぐらいは見たことはあるはずだが、アンモニウムアンモナイト(←バカちゃんなんです、そっとしておいてくださいorz)を両耳につけたギャルがTV画面に映っていたことしか記憶がないのである。それ以降何度か「スターウォーズ」が発表されても「さいですかー」とどこ吹く風。

が、世の中それじゃ許してくれないのだろうか?ペプシはスターウォーズ缶をだし、ダースベーダーは一日駅長をやり、シネコンでは圧倒的に占められ。しくしく、あたしの見たい映画はどこにいったのよぅ。と泣いている始末。

c0019396_1446253.jpgいっそのこと部屋に篭って「親指ウォーズ」なぞ見ようかと思ったが、それも○SUTAUAで貸し出し状態。今は踏んだりけったりだね。ふんっ。
ちなみに「親指ウォーズ」は文字通り「親指」が主人公の映画。そのほかに「親指タイタニック」などあります(私はまだ見ていない)。この映画を監督したスティーブ・オーデカークは「クン・パオ!燃えよ鉄拳」という作品も撮っている。
Yahoo!ムービーから引用すると
生まれて間もなく、悪のクンフーマスター、イテテ師によって両親を殺され、一人荒野に取り残されてしまったかわいそうな赤ちゃん。ところが、この赤ん坊をネズミが拾い上げ、なんと立派な青年になるまで育ててくれた。そんな青年は、実は天性のクンフーファイターだけに授けられるベロンチョ(舌先にできた小さな顔)を持つ“選ばれし者”だったのだ。やがて彼は、タン師匠の下で、超人的な修行に励み、今はベティと名前を変えた両親の敵、イテテ師との宿命の対決を目指す。しかし、イテテ師の背後には恐るべき組織が存在したのだった…。
このマニアック度がたまらなかったのだが、こんなマニアな映画を撮っているひとが「パッチ・アダムズ」なんていう泣ける映画を撮るっていうことも面白くて不思議でたまらない。

まあいい、しばらくは私は部屋でじっとしてよう。どうせ脚も動かないわけだし。こんな動けないストレスはPC画面上でライトセーバーをぶんぶん振り回して解消するしかないのだ。

PC画面でライトセイバーを動かしてみよう
やじうまwatchで紹介されていたサイト:画面上でクリック&ドラッグするとライトセイバーが動くよ(もちろん音つき)
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-13 14:47 | 宛先はmovie

<< 有効期限は切れました      すごいのよぅ >>

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧