宛先はコチラ


「チャーリーとチョコレート工場」の力

土曜→ヨガフェスト2005で体がぼろぼろになる。
日曜→実家に帰るので朝からばたばたする
という連休2日間を過ごした後の最終日は「煩悩に生きる」というのを見事体現したような1日。

予約注文をしたジュエリーを受取に丸の内まで行ってウハウハ後、「チャーリーとチョコレート工場」を見、ヤギチチモッツァレラチーズとトマトを買ってゴロゴロ夕飯。その後に買い忘れたものを思い出して渋谷に行くも、関係ないHMVへ寄ってCD購入。

9月-10月は 金欠ピーンチ!って言ったの誰だっけ???とあたしの右脳の片隅にいる誰かがささやくも「これはっ、これは私には必要なのっ。生活のスパイスなのっ」とバカないいわけを繰り広げる。合掌。チーン。


とはさておき、とうとう見てきました「チャーリーとチョコレート工場」
このフレーズが頭から離れない
すごいのよぅ
にて前作について少し述べてますが。

前作とは全く違う新しい作品と思ってみるがよいよっ>前作見た諸君。

「夢の・・・(注:前作)」の面白さは、「映画の間」にあった。
全体がミュージカル映画として構成されているからか、クスッと笑う前に必ず不思議な間があり、思わず「だからっ、なにっ!!??」とツッコミを入れてしまえるのだ。そして、主人公のチャーリーが、お世辞にも「すっごくかわいいというわけではないが、どこにでもいそうなふつーのオトコノコ」というところがよかった。

ところが新作は旧作のような間がないだけでなく、テンポよくスピード感がある立派なヒューマンドラマに仕上がっている。もしかしたら、旧作はミュージカル映画だったからこそ違いがみえるのかもしれないが、それ以上に主演=ジョニー・デップ、監督=ティム・バートンという組み合わせが大きく影響していると思う。つまり、主人公はチャーリーではなくウィリー・ワンカ(チョコレート工場の所有者=ジョニー・デップ)なのだ。ティム・バートンはチャーリーを写すことで、ウィリー・ワンカその人の人生(親子関係)を浮かび上がらせたのだ

ゲラゲラ笑っていたにも関わらず、思わずあたくし泣いてしまいました。てへっ

もしかしたら、その原因の一つは前日に実家に帰ったというのも関連があるのかもしれません。





大概実家に帰るときはゆうり兄は外出してしまって、両親とまったり過ごすというのがパターン。兄はあまり家では話さないし、休日にも家にいない。そんな兄に対して両親がキレ、あたしはその愚痴を聞くというのがお決まりなパターン。

ところが。昨日帰ったら、兄がいるのですよっ。どびっくり。しかも、両親と話すときは喧嘩モードの時しか見ていなかったのに、兄がふつーに両親と話してるじゃないですか。そして、台所で母が言うには「最近お兄ちゃんが変わったのよ-。ずいぶんやさしくなったのよ」と。

ゆうり両親はかねてから言い争いが多く、兄弟そろって言っていたのは「こんな両親のような関係にはなりたくない」ということでした。父や母のどんな点がまずいのかと、よく3人で話していたものです。

姉が結婚して独立した後でもあまり関係は変わらずに3人でよく愚痴りあってましたが、昨年から私も一人暮しを始めてからはあまり話す機会もなくなってしまいました。そんななかで兄の変貌ぶりを見たのですごくびっくりしたのです。

無言でバラバラに過ごすか、たとえ集まってもマイペースで各々違ったことを1度に話そうとするゆうり宅では、家族が一つの部屋で和むという姿はここ何年も見ていませんでした。一緒にいると傷つけ合うだけそして骨を折るだけと薄々感じていたからこそ、実家に帰るのはあたしには気の重いことでした。でも昨日帰ってみて状況がずいぶんと変わったことを知り、なんとなくうれしくなった半面、みんな年取ったんだなという一抹のさびしさも感じました。

多分今日も父が巨人戦を見て、母は巨人戦に夢中になっている父に文句を言い、兄はコンビニでハートチップルを買って帰っているという日常が繰り広げられているのでしょう。

それでも、買ったばっかりのデジカメをうれしそうに操作する父。ありったけの食材を持って帰らせようとする母。そして、携帯へ「○○病院の先生に挨拶いって、初心に戻ってください。医者になれとは言わないけれど(注:小さい頃は「医者になるっ」と騒いでたのです)、何かさらに価値ある自分を目指すのだ」と送ってくる兄。今回は会っていないけれど、毎度何かあると真っ先に電話してくる姉。紆余曲折を経たからこそ、そんな家族達をいとおしく思い、今の関係を築けることにうれしさを感じたことを思い出してしまったからこそ、「チャーリー・・・(新作)」で泣いてしまったのかもしれません。

ということで、旧作と合わせて新作を見ることをお勧めしますです。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-09-19 22:43 | 宛先はmovie

<< iPodnano欲望      うだうだ気分はアチラで癒された >>

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧