宛先はコチラ


セレブも骨が折れますな

ハリウッドの有名カップル破局で蝋人形館に波紋 | Excite エキサイト

ずいぶんと日本語では安っぽくなった、セレブという言葉。

ヒルトン姉妹だの、ブリちゃんだの、ゴシップ誌で露出が多いひとほど、日本語の「セレブ」という語感にぴったりあてはまる気がします。

それだけ、多くの人が知っているということなんですけれどね。

日本に限っていえば、雪祭りの雪像とか、菊人形祭りの人形の題材に取り上げられること自体が、多くの人が知っているかどうかという指標に使えますが、他国を見てみると、蝋人形館で題材としてとりあげられるかどうかというのが使えます。



海外の蝋人形館で有名なのは、マダム・タッソー蝋人形館

マダム・タッソー蝋人形館の説明は、こちらのページから引用しますが、
国王や貴族、反革命主義者の処刑は公開で行われた。革命の成果を宣伝する方法の一つとして用いられたのが、蝋人形であった。

18世紀のフランス女性、マリー・グロショルツ(Marie Grosholz 1761-1850)は一風変わった特技を持っていた。 --- 蝋人形作りである。
マリーの母は、解剖図の模型作りを得意とする医師Curtius(すんまへん、読み方判りませんT_T)の元で家政婦の仕事を得ており、マリーはこの医師から蝋細工の手ほどきを受けた。

マリーは革命前から、当時の有名人の蝋人形(ヴォルテールやB・フランクリンなど)を制作し、既に名声を得ていた。
その才能を見込まれ、ルイ16世の妹・エリザベート内親王の美術講師をしたり、ルイ16世一家の蝋人形制作を手がけるなどして宮廷に出仕することになった。 マリーは革命前から、当時の有名人の蝋人形(ヴォルテールやB・フランクリンなど)を制作し、既に名声を得ていた。

その才能を見込まれ、ルイ16世の妹・エリザベート内親王の美術講師をしたり、ルイ16世一家の蝋人形制作を手がけるなどして宮廷に出仕することになった。
革命勃発後、パリに連れ戻されたマリーは、処刑された重要人物のデスマスクを作る仕事に従事させられた。

自らも処刑されそうになるが、逃れることができた。ただし、革命の混乱期の中で食べていくのも一苦労。そこでマリーは、自らの作品の展示会を開催することにした。---隣国のイギリスで。
という背景なんですね。はぁ。

そんなマダム・タッソー蝋人形館 で新しく蝋人形ができると、ニュース配信されているのをよく見かけます。もちろん、今回の「ブラット・ピットとジェニファー・アニストンの蝋人形がお互いを抱き合っているのを離ればなれにせねばならなくなった。」なんていう、ご近所ネタレベルなものが全世界配信されてます。

「これは骨の折れる仕事です。彼らはお互いに腕をまわして絡み合っていますから」月曜日、蝋人形館の広報担当者ダイアン・ムーンさんは言った。「ジェニファーは片ほうの手をブラットの胸に、もういっぽうの手を下半身に置いています」

ふたりの腕の再成型などの作業にはおよそ1万ポンド(200万円)かかり、別々になった人形はお互いに背を向けたポーズで再公開されるという。

「私たちは彼らに復縁してほしいと考えています。そうなれば素敵なハッピーエンドだし、私たちも喜んでお金を使って彼らをふたたび抱き合わせることでしょう」
蝋人形館から「復縁も望まれる」なんて、おちおちくっついたり別れたりはできないですね。

庶民である幸せを感じるけふこの頃です。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-02-22 14:27 | 宛先はニュースなネタ

<< 東京だってすごいんだからっ      ありがとう、ヤスダ様 >>

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧