宛先はコチラ


カテゴリ:宛先はアチラ( 42 )



うだうだ気分はアチラで癒された

いろんなトラブル発生な本日。あー現実逃避したいなぁと、オフィスにはいってくる秋風に吹かれた午後のひととき。

座席で独り瞑想モードにはいったあてくし(よーするにぼーーーーーーっとすること)は、ブログをちこちこと訪問。で、毎度世話になってるツバッキーサンのブログで、おもしろいサイトが紹介されてました。
その名も「日刊あなた
あなただけの新聞を作ります。
新聞には今日のあなたの出来事が書いてあります。
さて、どんな記事が出来上がるか…。


で、ツバッキーさんの日刊椿を読む。

・・・・。プッ。

にゃるほどー。
こういうのはねー。どんなに仕事が忙しくっても、トラぶっててもやっちゃうのよねぇ。
ということでやりましたよ。

日刊ゆうりの内容はいかに?
[PR]
by agua_de_marco | 2005-09-15 19:51 | 宛先はアチラ


選挙と焼肉と大雨の他に

今日もモソーーッと起きたゆうりさん。ぼーっとしたまま掃除を行い、洗濯物を干し、日常のこまごまごとを終えて選挙へ。「今回は投票率が上がる」などという話を聞いていたが、その予想通り。あたしが投票所についた頃は順番待ちの列が出来ていて、少しだけ時間がかかってしまった。

続きを読む
[PR]
by agua_de_marco | 2005-09-11 17:41 | 宛先はアチラ


一人大喜利

無謀な戦いだなーって思うことをしょっちゅうやっている。

その中の一つが、過去と戦おうとして、勝手に白旗を上げてしまうこと。
他の人が作った昔の企画書を見て、「あたしの年齢ぐらいでこんなすごいのを作っていたのか」と愕然とする。一方の自分の企画書が誤字脱字だらけだったり、ロジックが飛んでいたり、アイデアが浅い点に「ばかじゃないのっ」と激しく突っ込みをいれたり、営業をうまく説得できないことに対して「説得力足りないナー」と撃沈する。それだけなら仕事の上では当然のことだと思う。でもときには、「この仕事向いてないな」「かなわないな」と勝手に決めつけふてくされて降参してしまう時がある。だれも戦いを挑んでいないのに、だ。

表面上は、そのときのあたしが戦おうとしている対象は「過去の出来事」。つまりは変えられない事実。例えて言うならば、自分の彼氏(もしくは彼女)の相手がどんなひとだったかを知ってしまい、言いようもない嫉妬や敗北感を覚えてしまったときと同じようなもの。

でももっと掘り下げていくと、そういう敗北感を覚えるときは新たに自分に沸き起こった衝動をを抑えようとしたり、今立ち向かっていることから逃げようとしたりする気持ちだったりする。一体どういった衝動なのか?それとも逃げたいだけなのか?それを見極めるには自分の中で悶々と考えることが必要になってくる。

ここしばらくはいろんな思いが沸いては消えを繰り返していた。だが、友人夫妻とご飯を食べた今日。そのときの自分が発した言葉がきっかけとなって、たびたび自分の世界に閉じこもってしまった(ご迷惑をおかけしました>Y夫妻&Sさん)。

あたしが望んでいるものは???何に怖がっているのだろう??一人部屋で体を伸ばしているうちに、
・めんどくさいと言って逃げること。
・自分の実態のないプライドを守ろうとすること。
そんな自分の姿を客観視するのがすごく怖かったのだなと、思うようになった。

昨晩、髪型を思いっきり変えてくださいと美容師に伝え、昔のスパイラルパーマ状態に近づけてしまった主な理由は「髪の毛を伸ばすにはパーマをしっかりとかけておきたい」というのもあったのだが、もしかしたら、もう少し年齢が若かった頃の無謀さが欲しいと思っていたのかもしれない(それだけ年取ったということなのかもしれないけれどね)。

ここまでくれば大丈夫。あとは具体的な施策を考えて行動するのみ。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-28 00:38 | 宛先はアチラ


ちとダウンしてみました

ほぼプレゼンが途切れることなく続いたこの約2ヶ月間の疲労は塵のように積もってきており、さらに先週~昨日にかけた忙しさが決定打を食らわせてほぼノックダウン。左前腕部~左手甲に帯状の疱疹が表れ、「しまった、かなり疲れてるなorz」と実感。

腕の裏側の疱疹が消えたら、今度は外側に。そして手の甲へと疱疹は広がるのは分かっていても逃げたイーと叫びながらも仕事を投げるわけにもいかないし。一番かゆみがピークだった日曜日は腕を冷やしながら仕事。

え?がんばりすぎ?無茶しすぎ???とは言っても、先人達はそれぞれ形は変えながらも通ってきた道なんだよな-なんて思うと、「とにかくこのプレゼンが終わるまでは」と踏ん張りを効かせてしまう。

そうやってなんとか終えた昨日の仕事。さすがにあともう1本を終えるのにこのままの状態で仕事を続けることはできないから今日はお休み。昏々と眠っても7時前には目覚めてしまう。でも体は起き上がることはできない。しかたなしにそのままベッドの上でうーだらしていると再び睡魔が襲ってきて結局目が覚めたのは12時過ぎ。

明日からのことを考えると、今の体の状態が続くのはよろしくない。重い体をひきずってタイ古式マッサージの店へ。

血行を促しながら筋肉の柔軟性を高め、体質を改善するのがタイ古式マッサージ。関節の付け根を押さえ、血の巡りを一瞬止めるなど、血液コントロールを行いながら、徐々に身体の上部へ向かって全身をほぐしていくのだけれど、その際にはセラピストが拇指や掌だけでなく足や肘、膝を使って施術していきます(タイ古式マッサージについて)。

要は、踏まれる、揉まれる、引っ張られる、押されるなんていうちょっと荒業系のマッサージなのですよ。

私が本日いったお店はアジアンブリーズ。アジアンカフェを併設し、しかも明方4:00まで営業しているなんていう深夜残業族にはピッタリのお店。リフレクソロジー、タイ古式マッサージ、オイルマッサージの3種類のうち、リフレクソロジーとタイ古式マッサージを一緒にやるコース(100分:9900円)を選択。

リフレクソロジーでは足の指をもみあげられ悲鳴を上げそうになり、タイ古式マッサージでは痛みで体がセラピストから逃げそうになったゆうりさん。痛キモチイイはずのマッサージは今回はほぼ「痛い=70%」「キモチイイ=30%」とバランスが悪いものになってしまった。セラピストには「めったにないぐらい全身酷いですね」なんて言われるぐらいだし。

それもこれも体に疲労が蓄積されすぎたからなのだけれど、こんな体の状態にしてしまうのはイソガシさからくる肉体的な疲労ももちろんながら、精神的な疲労も大きいとは思っています。直接的なプレゼンに関するプレッシャー、それに伴う凹みモード、このままじゃいけないという自分自身への焦り。そんな同じ場所をぐるぐると回り続けている状態の中にありながらも、具体的に何ができるわけでもなく目の前のことしかできない忙しさ。他のことに手をつけられないもどかしさと後ろめたさ。

でも施術を受けると、そんな腐っていくあたしの中の思いはすっかり吐き出されて頭の中は空白状態。終了後に出されるお茶を飲みながら、まったりと海外のビーチの本を広げていたら、あっという間に1時間経過。すっかり体も楽になるし、来るときには降っていた雨もあがり、少し冷える空気に秋を感じながら「また明日だわっ」と軽くなった足取りで帰宅した本日の臨時休暇でした。また明日から頑張りマスオ。
c0019396_23253819.jpg


■参照サイト
アジアンブリーズ
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-23 23:26 | 宛先はアチラ


ちょっと逃亡2:夏休みの自由研究

仁右衛門島がヤドカリ天国だったので、ちょっとヤドカリに興味を持ち始めたゆうりさん。
夏休みには自由研究がつきものということで、ヤドカリに関する情報を掲載しているサイトを調べたよ。

ヤドカリの世界
千葉県立中央博物館のサイト。ヤドカリのヤドナシ状態公開中

やどかり研究所
やどかりの仲間、暮らし、結婚生活(?)まで記載<個人サイト>

やどかりの引越し
やどかりの引越し状況をWEBで公開。ヤドカリは略奪をするされるを繰り返していく人生を送るのね。

今回の珍道旅のプランナー=私のハプニングにいろいろとまきこまれてしまったかわいそうな人が「ヤドカリを発見するのがかなり得意」ということを発見(ほんとによく見つけたんだわ)。勝手にその人のことを「ヤドカリ発見マスター(博士号はいらないそうです)」と命名しましたが。
c0019396_21175269.jpg


なんとヤドカリスト認定試験というサイトをweb上で発見したよ。やどかりファンってかなりの数がいるのか、と納得した次第。

じゃ。また仕事に戻るわぁ。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-21 21:18 | 宛先はアチラ


朝:実家→昼:職場→夜:今住んでいる部屋へと戻った日曜日。金曜日に同僚からもらった産地直送採りたてトマト(やや傷アリ)を机の上におきっぱなしにしていたことに気が付き、「しまったしまった」と紙袋を広げると。

あり?トマトの傷にカビがっ。

一日置いただけでカビが生えたことに大ショック。
ゆうりさん宅はマンションの一階。窓がひとつだけ。窓を開ければ空気が何とか入ってくるが、目の前にマンションが建っているから陽の光がなかなか入らない。それでいながら、最近は帰ってくるのは深夜時間というのがほぼ当たり前。家に住んでいるというよりも、会社で暮らしているといっていいかもしれません。そうなると家にいるのは正味7時間ぐらいで、寝るのは5時間。必然的に窓を開けている時間が減ります。

かびが生活しやすい環境を整えているようなもんです。うわー、いやだー。

昨日はちょっと早め(22:30)に会社を出てドン・キホーテに立ち寄り、除湿剤を大量購入。家について即座に窓を開け、換気扇のパワーを最大にしてできる限りの拭き掃除。結局早めに家についても、いつもと同じぐらいの就寝時間になってしまった(シクシク)。

よくないよねぇ、こういう生活。

睡眠不足だし。というより、眠れないし。
朝早く目が覚めちゃうし。
そのせいで目の下の熊が増えてるし(ただいま子グマからオトナ熊になりつつあります、2匹とも)。
ラ・プレリーのage management eye repairの減りのスピードが急激に加速されてるし。
「ああ、これも自分の健康・お肌・精神衛生維持」と言いながら、昼休みはデパートのコスメカウンターで「こ、これを・・・」と手を震わせながらスキンケア商品買ってるか、マッサージ師に「オネガイだから、いいようにして」なんてちょっとアブナイ言葉を吐いてるし(担当のマッサージ師はバカ受けしてましたが)。

傍から見たら危険人物。多分捕まえたら100万ドルの報奨金がでるんじゃないか?なんて自分で思ったりしてます。

取り急ぎは部屋の問題。窓を開けて外出できればいいのだけれど、そうはなかなか行かないのが悩みどころ。今は除湿剤で効果が上がることを期待することしかできないけれど、絶対に次は日当たりのいいところ+窓が2つ以上あるところだっと心に堅く誓った昨晩のことでした。

<参考サイト>
防犯(警視庁)
網掛けガラスは防犯にならないとはねぇ
ラ・プレリー
スイスにラボを持つ、まさにアンチエイジング化粧品。緊急対策としてしか今まで使っていなかったけれど、最近はお世話になりっぱなし。いいのか悪いのかorz。
東京R不動産
個性的な物件を扱っているサイト。古家屋とか、好きなよーにリノベーションOKとか、天井が高いとか。
地震の備え(オールアバウト)
東京(日本橋)では揺れる時間が長かったです(2005年8月16日11:46)。

[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-16 12:19 | 宛先はアチラ


風邪もひいちゃ、ノンノン

東京はうだるような暑さです。
だけどね、オフィスは涼しいのだ、オフィスは

どこかでボタンを掛け間違えたのか、ゆうりさん、土日返上です。
昨日は仕事→夜は実家→寝る→今日会社へなんていう「ほんとに帰省したんだっけ?」と自分でも疑問に思わざるをえない強行スケジュール。今もオフィスで仕事がやっと一段落ついたところです。

急に土日も出勤ということがわかったので、両親には「(土日出勤なので)何も特別な用意しなくていいよ」といったにもかかわらず、「今か今か、って帰ってくるのを待っていたのよぅ~」と駅でワクワクお出迎え。

でも母よ。私ではなく、私の後ろに歩いていたお嬢さんに「あらーまってたのよぅ」と声をかけそうになるのはいかがなものか。

ちょっと以上に申し訳ない感をいだきながらも、本日は午前中に会社に到着。気分を入れ替えるために、メゾンカイザーのケーキ(420円)を購入。
c0019396_17484447.jpg
フランボワーズだのラズベリーだの甘酸っぱいベリー類の下にはプレーンなババロア。

ああ、美味しい。多分、美味しいんだっ、オフィスで食べなければっ。
c0019396_1749054.jpg


これがあと1週間続くのかと思うと、ちょっとげんなり。みなさま、健康には気をつけようね。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-14 17:49 | 宛先はアチラ


肉々しいワ

あたくしは自他共に認める食いしん坊万歳。おかげ様で、生の体でジュディオングの「魅せられて」もできます(時代古すぎ)。
c0019396_15315647.jpg


さすがにモモンガまではいきません。
c0019396_15325194.jpg

そんな感じなので、映画の中にでてくるFOODシーンっていうのはわくわくしてくるものがあります。食べ物の種類ももちろん興味わくわくだけれど、映画の中での食事のシーンは何気ない会話が交わされ、セリフだけでは表しきれない登場人物の関係を示している感じがするので。

ダイナーで並んで食べるシーンは、気兼ねない感じ。
フレンチだったら、少しオフィシャルに近い状態。

あ、「クレイマー・クレイマー」でダスティン・ホフマンがフレンチトースト作るシーンなんてわかりやすいかもしれません。最初はすっごくぎこちないのに、だんだんとうまくなる。それにあわせて息子との関係も深くなる。

その土地のなじみのもの、独特のスタイル、人間関係。ああ、文化が違うのねーと思わず食い入って見てしまうのですよ。

昨晩仕事をしているときに、ピコーンとひらめいたゆうりさん。何をひらめいたかといえば
「ジュエリーがほすぃ」

仕事で頭がギューギューになっていル状態がつづいてそれが終わった瞬間に、怒涛のように物欲が流れて出てくるのであります。もうそうなったら物欲はとまらない。慌てて仕事のペースを上げて、なんとかデパートの閉店時間に間に合うか!と走りこもうとするも、無残にデパートの扉は私の目の前で閉じられたのであります。うぐぐぐ。

ほとんど気落ちした状態で電車に再び乗り、スーパーで中落ちカルビを購入。ジュエリー購入で発散できなかった分、フィリーステーキサンドイッチを作って発散してしまおうというもくろんだわけです。

c0019396_1534232.jpgフィリーステーキサンドイッチ(Philly steak sandwich)はサーロインステーキの薄切りとマッシュルームとたまねぎを炒めてチェダーチーズをぶりぶりかけるという、いかにもアメリカーンなサンドイッチ。これをはじめて知ったのは、映画ロッキーでのシーン。金曜日9時から放映されていた日テレの映画時間(東京エリアでは4チャンネル、他では違うよね、ゴメンね)でした。シルベスター・スタローンがかぶりついていたそのシーンをみて、アメリカって国はすごいなーと子供ながらに思ったのを覚えています。

実際にいってフィリーステーキサンドも食べたが、コンビーフやローストビーフ、パストラミサンドなんていう多種多様あり、「どう考えてもこれって1日分の肉量を超えてるでしょう」というボリュームでございました。そりゃー体重が×○■※△・・・・。

ということで、今日のランチはフィリーステーキサンド風ベーグル(写真は違うよ)。ちょっとだけ幸せ。ま、たまにはいいよね、こんなぶりぶりした生活。

それにしても
c0019396_15351975.jpg映画ロッキーを地上波で流すときの、ロッキー役の羽佐間道夫の声とエイドリアン役の松金よね子の声がインパクトが強く、映画の俳優自身の声を聞くとつい「にせものだよぅ」と見るたびにつぶやいてしまう。ついでにいえば、松金洋子という文字をみて時々「え!?松金よね子ってグラビアやってるの???」などと大勘違いを一人勝手に行って焦ってること多数。

松金洋子を知らない人はクリック(オフィシャルサイト)

■関連サイト
モモンガと暮らそう(オールアバウト
Philly Steak Sandwichのレシピ(英語だよ)
T.G.I. FRIDAYS(日本で食べられるよ)
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-10 15:36 | 宛先はアチラ


Thanks!

遅ればせながら、ひとつ年齢を重ねることができましたの週末。いろんな方からメッセージをいただきました。普段なにも返すことができず、自分のことにかまけてしまっている毎日ですが、会えなくてもつながっている感覚に救われていることがとても多いです。ありがたいことです。

絵本に、詩に、メッセージに託された想いを受け取り、読むたびに目にじわじわ涙が溜まってしまってしまってさあ大変状態です。

10代ではハリネズミのような距離のとり方をしたためか、人との関係を築くことにはジェンガのように不安定さが付きまとい。
20代前半で、そのジェンガの搭は見事壊れました。いや、自分で壊したのかもしれません。
その後ひとつひとつ重ねてやっとなんとか本格的な30代に突入です。

私のジェンガは高く積み上げられないかもしれません。それでも、もう壊れないように、壊さないようにしっかりとゆっくりと積み上げて生きたいなぁとは思います。

今日もタクりそうな勢いですが、次に会えるときに「あー仕事終わったよ、すっきりしたよ」と晴れ晴れした顔で会えるようにもう少しだけもがきます。

ホントニ イツモ アリガトウ。もう少しだけ待っててね。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-08 19:21 | 宛先はアチラ


仕事狂いと宗像コーチ

一足お先に夏休みといいつつ、UPしている今晩。いろいろと理由があるわけなんですよ。

まあ、生モノのあたしを見てる人はわかると思うのですが。あたしは「仕事狂い」に入ると思います。

すっごくむかつく!腹立つ!と叫ぶこともあるし、自分が至らないことにしくしく泣くし、資料を多読して情報を漁って歩き、突破口を見つけたときは「あたし、もしかして天災なんじゃないか?」なんて勘違いしたとたんに、理想の自分とのギャップに「バカだ」と倒れこみし。げー、仕事逃げたいって思うこともしょっちゅう。しかも、かなりうるさいです。仕事中に歌ってるし、独り言多いし、マッサージに逃げ込むし(苦笑)。

でも、仕事は嫌いとは言えない。どうでもいいなんて言えない。一番うれしい瞬間は、そんなどろどろぐちゃぐちゃぬるぬるなことがあっても「ありがとう」って言われる瞬間なんですわ。言われたいが為に仕事をしているわけではないのだけれど、その人に「役立っている」ということがわかったとき、しかもそれが「客(消費者)」にとってもよいもの(役に立つもの)であると評価され、その効果が目に見えたときは、安堵感とほっと感で立ち上がれなくなります。それが端的に表されてる言葉が「ありがとう」の一言なんだと。その一瞬を味わうがために、プレゼンの前は胃がきりきり舞いし、ほぼ全ての予定を変更(キャンセル)となってしまうのは考えモノだっていうのはわかってはいるのですがぁー(かなり反省中、すいませんほんとに>某○さん。もう2回もやってる)。
この一瞬にかけてぇー♪って思い出したら「エースを狙え!」の主題歌だった(w。
余談はさておき、
今日で3つのプレゼンが終わり、あと残り3つと思っていたら、また夜になって「ゆうりさん、また」との声が・・・・・。正直げんなり。ちょっとやすませてよ。と内心つぶやくも、次の仕事の内容を聞いたら目がキラリン☆今度はお肌です。基礎化粧品です。しかもかなり高級系でっす!リサーチと称してサンプル購入です!もちろん会社経費!!!たまんなーーーーい!ひゃっほう!!!!

今までのやる気急降下はなんのその、それを聞いてから俄然やる気を出したあたし。今ごろになって、「もしかして、やる気を出させるための罠か?」と気がついたが、まあいいや。あとは宗像コーチを探せばカンペキだわ。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-08-03 00:22 | 宛先はアチラ

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧