宛先はコチラ


カテゴリ:宛先はNY( 56 )



過去ログ:今日も30度<at 2001 05/03 23:21>

昨日30度を越えたNY。春は1週間ほどで終わってしまいました。もう真夏です。

みんな『肉』をデロデロだしてあるいています。あついからね。もうそんなすがたになれているのか、どんな肉体を持とうともみんな気にしません(もちろんせくしーボデーの人があるいていると、『ハ~イ、スゥイーティー』なんていう風に言う人もいるけれど)。

今日ニュ―スを見たときに、この熱さのことをいっていて、男性が短パン1枚でマンハッタンを歩いていることに対して言っていました。
 多くの男の人は夏になると、頭の中で「ぬげ!ぜんぶぬげ!!」という指令が下ると。
 いいよね、短パン上半身裸でも歩けるんだもん。え?あたし??できませんよ。こんな肉を押し込めているのにそれができなくなっちゃうんだもん。
 
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:36 | 宛先はNY


過去ログ:またやってしもうた<at 2001 05/01 11:25>

生まれ変わりというのは信じていないのではあるが。しかぁし!!時々自分が「アヒルのうまれかわりなんじゃにゃいか?」と思うときがある。

あひるのおかーさんっていうのは、3までしか数えられず、3匹目の子供が自分の後ろをついてきているのを確認すると4匹目を確認せずにさっさと移動してしまうということを聞いたことがある。「いーち、にい、さんっと、あらこれで十分ね。さてといくわよっ」さながらいってしまって4番目は悲しいわぁという目に会うという話があったからだ(事実はしりません、あたしの昔読んだ本の中ではそんなことが書いてあったんだもん)。

ゆうりは残念ながら2以上は数えられない(涙)。ハンドバックをもって外出して、なにかモノを買うとハンドバックをどこかにおいてきてしまうというフトドキもの。何度警察とJRのおじさん達にお世話になったことか。

だからこっちでもぜえったいにわすれないぞ!ということで肩掛けバックを使ってる。そうすれば大事なものは絶対に忘れない仕組み・・・なんだけど・・・。

今日はたまたま「おしっ、天気もいいし、期末試験に向けてお外で勉強しよう!!」なんていう珍しいことを思いついてテキストをいれたファイルバックをもち、カバンを肩からたすきがけにしてお出かけ。

今日のルートは、家~大学~家なんていう単純ルートではなく、寄り道気のままるんるんルート。勉強もがりがりやって、「がくせいじゃーん」なんていう気分も満喫してちょっとマンハッタンにでてパソコンやに立ち寄って本屋によってなどなどの寄り道ルートだったわけ。しかもブルックリンにはいって授業の前に小腹がすいたからシュリンプフライセットを買ってテイクアウト。大学についてえびをポリポリ食べて「えんびフりゃ~」(この懐かしさを分かる人はいるか???)と叫び、御腹を満たして授業に向かった。

教室にふふふ~んと到着。さてと教科書教科書きょう・・・か・ショ?ファイルは?ファイルがない?

えっ?またやった・・・。

一気に目の下に縦線が入ったのに、一体どこでおいてきたか思い出せない。いやーん。どこまでファイルを持っていたっけ?片手にテイクアウトなんてもっていたから記憶あいまいだよ~。頭を抱え込み、授業がはじまっているのにもかかわらず、とりあえず今までの行動を振り返ってできるところまで探しにいった。

まずはカフェテリアで掃除をしているおばちゃんに聞く:
「いや、来てないし、みてないね」

え?(汗)・・・。

セキュリティーに聞いてみる:
「最初にカフェテリアに聞いてみな」


やくたたずだわっっ。しゃーない、サッキのファーストフードだわ。ローファーにもかかわらずバタバタ道を走り抜けファーストフードへ。

窓口オヤジ:
「おっ、さっきの威勢のいいねいちゃんじゃん。え?ファイル?いやみてないね?でもさっき片手にテイクアウト、でその他に黒いもん持っていたけどね」

ということは大学か?いやいやたしかここに来た時はカバンを手に持っていたんだヨなぁ・・・。

意気消沈のままとりあえず授業に戻って授業を受けた後マンハッタンへ再び戻り、パソコンやヘ向かったらもうしまってやんの。はぁ~。

とりあえず今日は見つからなかった。このままなかったらファイナルどうしましょ
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:35 | 宛先はNY


過去ログ:クラス<at 2001 04/29 04:57>

あたしは日本の大学にいたときからヅラ会社も大喜びの「ピンポイント制」を貫いておりました。そう、好きな教科はマニアックな情報をあつめ、それ以外は電子レンジにかけた大福みたいにデロロロロ~ンとしているわけです。

今学期の私のピンポイントクラスは「マーケティング」。夜のクラスを取っているんで、フルタイムで仕事をして、パートタイムで学生をしているひとが大半です。だからみんな自分の経験を授業中に話すののが面白い。もちろん、講師もパートタイム(笑)。本業はマーケッターなのでいろんなまーけったー話を聞かせてくれるわけです。講師自身が携帯の電源を切り忘れて彼女から電話かかってきちゃって「ゴメーン、授業なの」といっている時に声が上ずっている事をからかったり、授業が盛り上がりすぎて隣の教室の講師から「静かにしてくれないか」と注意が入ったりとにぎやかにやってます。

その中でアジア系はゆうりと中国人の男の子だけ。この男の子の声を聞いたことはないのですがなぜか気になるのです・・・・。

角刈りの頭、ワイシャツ、ぶっといめがね、眉間のしわ、ちょっとでたクチ。それを見るたびにいつも思い出すのが

大門@西部警察
なのでございます。

渡哲也じゃなくってだいもん@西部警察なのは
1.一言もしゃべらん
2.校内でいるときもいつも一人
3.表情がかわらない
ということからなんだけど。そうなるとゴルゴ13か?と思うのですが、ゴルゴ13のモデルとは大きく違って細いんですわ。

彼を見るたびに西部警察のテーマ曲が頭の中で流れてしまって困っている今日この頃です。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:32 | 宛先はNY


過去ログ:幼稚園児に敗北して意気消沈中<at 2001 04/29 04:33>

土曜日の授業もいつもより早く終わり。今日はまっすぐ帰ってきてお部屋のお掃除です。

ゆうりラブラブFラインは地上に一度でるので、でたときのお日様テカテカとブルックリンの風景は「むゎんはったん」とは大違いです(ここがあたしのブルックリンお勧めぽいんと)。もちろんこれは他の人も大好きで地上に出ると一斉にみんな外を向くのでなんかジンクスでもあるんかいなと疑ってしまいます。

で、このままノンビリとしていたかったのにやはりそこでは終わらせてくれないのがNY。後ろの席に座っていた女の子(多分幼稚園ぐらいだろう)がすれ違う地下鉄をみて「んー、いい眺めだ(hnnnice seeing)」といったとき、ちょっと、いやおもいっきりショックでした。
なんでかって?

ちゃんとingつかってるしね、hnnは音が鼻から抜けてるしね、発音完璧ジャン!ッテ思ったのでございますよ。

ネイティブとノンネイティブの違いがあるとはいえ、「もしかしてやっぱり幼稚園に行ったほうがいいのかな?」と思ってしまったんです。ま、英語の授業の後だからさらにそう思ったのかも知れない。

そこで幼稚園から連想して、突然昔ポンキッキーでやっていた「1本でもニンジン~」という歌*1を歌いたくなってしまい、内心「ふん、この数え歌のオモシロさわかんないだろっ」とほくそえんでしまいました。別になんも挑戦されていないんだけどさ。

もちろんこちらにも似たような数え歌はあります。「ナンバーワンっ、ナンバーワンっ」って始まる曲。
全部歌えるようになってみたいとは思うケフこの頃であります。


*1多分知らない人っているんだろうね。最近、親が「懐メロ特集」をよく好んでみていた気持ちが理解できるこの頃。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:31 | 宛先はNY


過去ログ:スターバックスの次なる戦い?<at 2001 04/02 01:48>

4月1日付けの「経験者の目から見た留学ガイド」に次の記事を掲載しました(ちょこっと訂正あり)。

~~~~転載部分~~~~~~~~~~~~
昨日NYtimesで発見した記事を掲載します。すっごく日本ってまだ理解されてい
ないのかなぁと思わず思ってしまった記事です。

------------------------------------------------------
スターバックスの次なる戦い(3月31日付NYtimes紙)
------------------------------------------------------
NYtimesの店内販売、バーンズ&ノーブル内でのカフェ等異業種との意外な協力
体制を引いているスターバックスが新しい動きを示した。次は一体何かー関係
者達はヤキモキしながら動向を見守っている。

スターバックスがマンハッタン内で新商品の限定発売に踏み切った。その名は
「カラメルマチャートCaramel Macchato」、ミルクグリンティーだ。

日本と異なりアメリカでは緑茶は砂糖や蜂蜜を入れて飲むのが習慣である。
アメリカスターバックスでもグリンティーには蜂蜜(砂糖)をいれて販売。だが、森
首相のポロッとした一言「(スターバックスコーヒーって)グリンティーに蜂
蜜いれちゃってるからハラキリもんだよね」という言葉で日米関係に緊張感が高ま
っていた。

この日米の緊張感を解消すべく、スターバックスコーヒーは新商品の開発に取り組
み日本のmaccha(グリンティーの粉末)、ミルク、ホイップクリームとカラメ
ルソースを組み合わせたCaramel Macchatoを販売することになった。。

「もうこれで森首相もポロっと一言を漏らさないでしょう。」関係者達はホッ
と胸をなでおろしている

販売は4月1日。マンハッタン内で限定。
-----------------------------------
~~~~転載部分終わり~~~~~~~~~~~~

っていうのを4月1日エイプリルフールネタで流しました。もちろん、こんなのうそですよ。

だけれども、この1年後ぐらいに「抹茶ラテ」「抹茶フラペチーノ」なんてでたときにはびっくりしました。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:29 | 宛先はNY


過去ログ:ポキポッキン<at 2001 03/27 20:19>

みなさんカイロプラクティックにいって背中の筋肉、こり、骨についてちゃんと
調査(?)したことありますかねぇ・・・。

先日、針に引き続きてカイロプラクティックまでもやっているゆうり。
先生はキレーな人だったのでまたまたびっくり(顔は日本人だけど、フランス人
なんだな。もちろん日本語は話せません)。
ところがこの先生、結構やってくれるんだわ。
はい、力抜いて~といったとたんあたしの体を
『ボォキボキボキィィィィィ』とゴムの人形のように折り曲げるのです。思わず
ほんとに自分が人間だったかどうかまで疑ってしまう。もう数回やっているのに
もかかわらず、骨が鳴る音を聞くと笑いが止まらないから診察室がうるさいって
いう問題もちょっとあるんだけど。

どうしてこんなに針に引き続きカイロまでやらなきゃいけないかというと、検査
で情けないことが判明したからなんだけど。
初日に、筋肉のつき具合、こり度、骨の状態を調べたのね。
あたしの背中の筋肉は大変バランスがよく(うひひ)、
こりも肩と左腰だけ(まあまあでしょ)、
背骨も真正面から見ればほぼまっすぐ(首のあたりが右にねじれているのは性格
か?)

だ・け・ど・ね。

真横から見ると・・・・・まっすぐなのよ。

ほんとは人間の背骨はS字を描いていなきゃいけないのに、首の骨もまっすぐで、
腰もまっすぐで。親は「まっすぐすくすくと育って欲しい」なんて願いをかけてお
りましたが、いやはやどうもまっすぐ伸びすぎちゃったみたい。おかげで椎間板
ヘルニアになるようなよけいな椎間板があるのとは全く逆で、腰の部分の椎間板
がすりきれちゃってるし(涙)。そのせいで、左脚だけに痺れがきたり、同じ姿勢
でイスに座っていると腰がピキピキしてくるわけっす。

今はまっすぐの骨をS字にしなきゃいけないので、週に3回、医者にぼきぼきっ
と曲げてもらっているところ。『進化の過程』なんていうのんきなことはいって
られないね。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:23 | 宛先はNY


過去ログ:あいやー、天国と地獄<at 2001 03/13 11:16>

わたくし、ゆうり。NYにて初体験はいろいろあるんだけれど、こんなことまで初体験するとは思ってもおりませんでした。

え?なにかって?

ウフフ。それはね、針よは・り。

アメリカでは立派に医学として成り立っている針はけっこーいろんなところでみかけまする。もちろんカイロプラクティックもね。からだの調子があんまりよくなかったゆうり。あまり薬に頼るのもよくないなぁと思っていたときに、友人が「針が効くよ」と一言。しかも「保険が利く」。なに??そういわれちゃあ、いくしかないでしょ。いざいそげ!!針への旅!!

日系情報誌をかたっぱしから読んで電話して、いってまいりました針ヨ針。

最初は先生との面談。いろいろと「どこがいたいい」だの「痛みの回数」などはなし、それからスグにぷすぷすと挿すのかと思っていたら違うのね。脈をとるのよ。そして医者が言った一言。

血の巡り悪いでしょ。(う、そのとおり)
冷え性でしょ。(またまた、そのとおり)
肝臓があんまりよくないね。(?????)

せんせ~、あたし全然最近アルコール飲んでないんですよぉお、ほんとに。それなのになんでなんで肝臓がわるいんですかぁぁぁ。

って叫んだら、「東洋医学では肝臓が血の作る場所になっていて、血の巡りがわるいのも肝臓の機能が弱まっているって考える」とのこと。だからスグに肝硬変とかになるわけじゃないよとはいわれました。よかった、ほっ。

それからベッドの上に仰向けにまずは寝て、姿勢や体のゆがみをチェック。なんか傾いて寝させられているなぁっておもっていたら、「これが普通」だって。えっ、っていうことは先生?わたしはかなり傾いているってこと?

「そうねぇ・・・、左が思いっきり下がっているわね。もう骨盤の位置も違っているもん。」

キャー、どうしよどうしよ。そんなにちがっていたなんて。

わたくし、しょっくのあまり開いた口がふさがりませんでした。とホホ。でも「毎日目の中心、鼻、口を大きな姿見の鏡でみて、徐々に直すことはできるわよ。脳に覚えさせるのよ。」おう、そうかそうか。ちゃんとおぼえてちょうだいね、あたしのたるんだ脳みそちゃん、とほんとに誓いましたわ。

それからうつぶせになって針を腰から順々に挿し始めて。あたしはまるで標本の蝶を固定するコルクボード(あくまでも蝶じゃないからね、蝶じゃ。そのへんはわきまえているわよ)の気分になりました。途中遠赤外線のぽかぽかも加わってゆめごこちの1時間。ベットから立ち上がると感覚がへんになってる。あれ?うまくたてない?どうして???と思ったら、「からだが正常にもどった状態だから」だって。ほんとに自分の体がゆがんでいるっていうことをまじまじと実感させられました。

まあ、自分の体の調子もよくなったことだし、さてとかえろうかなぁと思いきや、保険は針には利かないということが判明。
なに????ということは自腹で120ドルか?ちょっとまった!!なんのためのほけんなんだよぉぉぉぉぉぉ(笑)。

コレを読んでいる保険会社の方がいたらお願いします。針を保険適用可にしてください。アメリカではりっぱに医学としてなりたってるのよ。ゆうりからのおねがい(うフッ)。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:22 | 宛先はNY


過去ログ:気楽にいきましょ<at 2001 03/01 12:32>

さっき、まったく関係ないサイト(シムコミュニティーじゃなくてね)にいって、大学受験をしている人のページを見ました。
おおっ、なつかしいぜーと思ったのと同時に、彼女が書いている言葉を読んで、あたしの姉とその夫に言われたことを思い出しました。

彼らからみると、あたしは世間を舐めきっていて、物事を斜めからしかみていないそうです。
たぶんにして、あたしの行動が穴だらけなのに、口が立つし、反抗するし、それでいてやりたいことをやり遂げるからでしょう(もちろんやりたくないと思ったら簡単に投げてしまうってことも指摘してるんだろうケドね)。

あたしはその言葉によく反論しましたわ。「社会はそんなもんじゃないよ。」と言われれば、「そっちが言っている社会がどこにあるのさ」と言ってみたり、「そっちが自分が年齢が上であたしよりも経験が豊富だからってそれが正しいとは限らないじゃない。」と言ってみたり。

え?今言われたら??多分こう応えるでしょう。
「そういう考え方の持ち主もいるのね、そういう危険もあるんだね。ありがとう。それだけは覚えておくよ。でもリスクを負うのも自分だから。どんなに遠回りでも自分が失敗した(もしくは達成できた)と納得するまではやり遂げるわ。」とね。

みんながみんな意見が一致することはないし(そんなことあったら怖いわ)。どんなことをしても年上の人からはいつまでたっても「いまどきのワカイモンは」という言葉はでてきます。いいじゃないの、言われてさ。妬まれるほど幸せに見えるんだよ。思いっきりじまんしちゃいましょ、「いーだろー、青春まっ只中に見えて」ってね。もちろん、あたしだって年中青春さっ、いーだろ。自分が青春中と思ってればそれが幸せ。周りと、それと年齢とはひかくしなーい。

さっ。自信を持って気楽にいろんなことに挑みませう。

(半分以上自分に言い聞かせております。うむむ)
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:21 | 宛先はNY


過去ログ:いいおとこをつかまえるための法則?<at 2001 03/01 14:19>

ベットの上でうつらうつらとしていた。あっ、もうちょっとで、もうちょっとで完全に意識が遠のく、あ~なんていうことを思いながら、口が半開きになっていた。ちょうどその時に電話のベルが鳴った。もう駄目よ、あたしのココロはゆめもよお~(by井上陽水、替詞byゆうり)なんて思っていたのだが、ベルが鳴ること3回にして留守電に切り替わり、久々の友人からの電話だということが分かったあたしは慌てて起き上がり、あちこちにカラダをぶつけながら受話器を取った。

ちょっときいてよ~、なんていう半泣きの声だった彼女の様子から、また「愚痴り聞きモードだな」と判断し、長時間の電話になることを予測した。その時刻0:00過ぎ。ま、1:00までに終わればいいかな?

が、彼女の次の言葉はあたしをよろめかした。
「ねぇ、今日やっと『ルールズ』を買ったの。古本屋で安くてさぁ。」
は?ルールズ??なんですかそれ???

「いい男を捕まえるための手段でね、ジャクリーン・ケネディもコレを読んでケネディを捕まえたんだって。」
はあ・・・・。でも何でそんなに鼻息荒いのさ?
「あたしが今までもっていたのって『ザ・ルールズ』だったのね。でも、それにしたがってラブレターとか書いていたら全然だめでさぁ。いままでうまくいかなかったのよぉ。」
ふむふむ・・・。
「でも、これは大丈夫!!『ルールズ』だから。実績もあるし。『ザ・ルールズ』とは違うから。」
ふーん、違うんだぁ。

あたしはベッドに横になり、思わずわき腹あたりをポリポリ掻いて彼女の話に聞き入った。
で、どう違うの?

「なんかね、『ザ・ルールズ』は、『そのままの自分をさらけ出しなさい』とか、『かっこ悪い自分を見せて、それからいい印象を作っていきなさい』っていうやつだったのね。だからラブレターの内容も『そのままのあたしをまるごと好きになってください』っていうやつなのよ。」
はぁ・・・。なるほどね。

彼女の話に相槌を打ちづつ、あたしはベッドから身を乗り出して机の上にあったコップにポットからお湯を注ぎ、ハーブティを作りはじめた。
「でもね、『ルールズ』は違うの。丸ごとみせちゃいけないの。ハイクオリティの人を狙うなら、自分もハイクオリティにならなきゃいけないの。だから『最初からすべてを見せてはいけません。あなたは恋愛ステージのヒロインになりきるのです。』っていってね・・・。」
ふむふむ。ズズズッとハーブティをすすりながらうなずいた。
「毎回違う自分を見せるんだって。」
はあ、疲れそうだね。
「それに『カレが家にくる時には、生活を匂わせるものを部屋に置いておいてはいけません。化粧品、パック、ぬいぐるみ。ごみさえもです。すべて押し入れにしまっておきましょう』って。」
・・・根本的にごみはかたずけなくていいのか??
「しまいには、『健康を維持し、化粧のテクニックを学びましょう。どうしても自分の顔が気に食わなければ整形手術もやむを得ません。』だって。あめりかよね~。」
なんか、大変だねぇ・・・。
そんなに苦労して、いつ気が落ち着けるのかなぁ・・・。
「結婚したらでしょ。」
???あ・・・たし、いいわぁ。その本パス。そこまで苦労したくないもん。もういいよ。第一面倒だわ。

「え~、ナにいってるのよ~。あたしはもう焦ってるよぉ。22だしぃ。ゆうりあたしよりも年上ジャン。だから絶対飛びつくと思ったのになぁ。いつもいい男捕まえないしさ。焦った方がいいよ。いい物件なくなっちゃうよぉ。」
にゃにおう???


あたしは思わず熱いハーブティを勢いよく飲んでしまい、ゲホゲホと咳き込んだ。

おぬし、自分が若いからといってうぬぼれているな。成敗してくれる!と私は叫び、その後「ゴダイバチョコ(ゴディバのことよ)を今度差し入れでもってきてね。ツケにしておくから。」といって有無を言わさずに電話を切った。切る直前に受話器を耳から放した途端、彼女の哀れな声が聞こえたがそんなことはむしむし。あたしは勢いよく電話のオンボタンを押した。

しかし冷静に考えてみると、彼女のハナシはなかなか面白い論点があった。あたしは「なーるほどね」と納得し、ベッドにもぐりこみ眠りについた。

論点については、後日でも

後日というのは
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:19 | 宛先はNY


過去ログ:ねこじた<at 2001 02/27 20:57>

「アジッ!!」
露店で買ったコーヒーをすすった時に焼けるような感覚を覚えた。

朝のニューヨークはベンダー(露店)のべーグルやドーナツを売る店がでていて盛況だ。仕事前に行く人がそこで朝食を買い仕事場にいくのに便利なのだ。
コーヒーは75セント。ちょっとブルックリンのデリよりは高い(こちらは60セント)。でもスターバックスよりも安いのでみーんなならんで買って行く。

味は確かに薄いけど、でもそんなにはまずくはない。そこでいっしょにべーグルを買ってブラウンバッグ(茶色の紙袋)にいれてもらう。グシャグシャとバッグの入り口を丸めてつかみ、交通違反をして闊歩すればほらほらそこはエセニューヨーカーの出来上がり。
かっこよく決めたいならかっこよく飲めばいいものの、あたしは「猫舌」なもんでかっこよく飲めない。フーフー覚まさなければ文頭のように「アジジっ」と騒いでしまう羽目になる。

英語には猫舌に該当する単語はない。せいぜい説明する時には「熱さに敏感」っていうぐらいだ。こんなとき「日本語っておもしろいな」とおもうのだが、逆もまた然り。英語にはある表現で日本語にないものだってあることは承知のことだとは思う。それはさておき、猫舌をアメリカ人に説明するとかなりおもしろい。「熱さに敏感なのを日本語でcat tongueっていうんだよ」というと、かならず何人かはかわいい!!と叫び(もしくは笑い)、そのごしばらくはキャットタン、キャットタンと言い続けている。しまいには「他の動物の舌はないの??」と言われる場合もあるのでその辺はご注意を。

何人かにcat tangueを教え込んでいるゆうり。でも、他にもこういう事を教え込んでいる人は絶対にいるはずだ。違う??
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:01 | 宛先はNY

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧