宛先はコチラ


カテゴリ:宛先はNY( 56 )



過去ログ:サバイバルな生活<at 2001 02/26 06:43>

友人シュネーと話していた時のこと。
日本で気がつかなかったことを思わず気がついたことがあった。それはシュネーがぽつりといった言葉:文字通りニューヨークの生活ってサバイバルなんだねぇ。そこで生活してるんだモンねぇ、すごいよねぇ。
という言葉に触発されて思ったことだ。

 先日クイーンズ地区のジャクソン・ハイツに用事があって出かけた。あたしは何を血迷ったかジャマイカと聞き間違えてFラインの終点まで言ってしまったという恐ろしいおまけがついた日だったのだが。
 
ジャクソン・ハイツは駅前にチェースマンハッタン銀行はあるし、バス停が駅に隣接していてなかなか便利そうな場所だった。「なんだぁ、うちの近所よりも便利そうじゃないの」と思ったのだが、駅から少々離れたとたんに昼間からたむろっている男達を見かけた。彼らは仕事がなく、他に何もすることがないので一日中そこでだらだらと過ごす他にないのだ。それが数人だったら「そうかぁ、仕事がないのかぁ」で済ませられるのだが、驚くことに5ブロック以上も同じような男達がたむろっているのである。アメリカの景気が徐々に後退しているというムードが漂っている中、すでにここジャクソンハイツでは不景気ムードが漂っている。

 日本人ではない友人にも、「ここで生きていくにはグリーンカードがなくてはなにもできない。犬死するのがオチだ。」と言われた。彼は母国ではそこそこリッチな家庭だったのだが家を出て、台湾に数年、そしてアメリカにきて現在は自分でビジネスを手がけている。

今では結婚を通じてのグリーンカード取得はかなり時間を要し、グリーンカード目的の結婚はかなり難しくなったが今でもなくなったわけではない。現在は100万円が相場ではないかと彼は言っていた。ワタシからすれば、自分のキャリア(やりたい仕事、なりたい自分)を積み上げていくのにアメリカで無理なら、もちろん日本に帰るという選択肢があるので「愛のない結婚でグリーンカードを狙うか、それとも日本に帰るか」という選択肢を迫られたらもちろん後者を選ぶ。だが、他の国から来た人たちは「国に帰る」という選択肢はない。不法滞在をしている場合は「10年間アメリカ再入国禁止」という欲しくないオマケもついてきてしまうので、国に一時帰国ということさえもできないのだ。

その私の友人のところには給料が安くてもいいから働かせてくれとくる人が後を絶たないという。その時給は6ドル。日本では信じられないだろう。あたしの住んでいたところのコンビニで高校生の時給が580円だったのに。

こんな環境の中、どんな仕事であっても「H-1(労働)ビザを取得して、仕事をしませんか」といわれるのはかなり幸せな人らしい。

あなただったらどうするだろうか。
好きじゃない仕事でも得るか。
それともやりたい仕事を待つか。

どちらにしても、サバイバルは必須だ。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 22:00 | 宛先はNY


過去ログ:kただいま死亡中~地獄のトイレ編~<at 2001 02/22 14:20>

みなさま、洋式トイレを使うときの手順はご存知?
1.座る
2.用を足す(いやーん)
3.拭く
4.水をながす

ま、これ以上細かいことやっても仕方ないからこの辺にしておくけれど。この中で一番スリルを味わうときはいつか?私は文句なしでスリルを味わう瞬間として、「トイレットペーパーがない!!」っていうのは挙げられると思っている。

 「しまったぁぁぁ、ないぞぉぉ。」と思った一瞬すべての動きはスローモーションになり、照明は消され、自分だけがスポットライトを浴びる主人公となる。「嗚呼、どうして、どうしてあなたはここにいないの」とジュリエットも驚いちゃうぐらいの悲嘆度だ。そう、もうご存知であろう。ここが一番のヤマ場なのである(BGMは「天国と地獄」でよろしく)。

そんないつもながらのロシアンルーレットを体験したうららかな土曜日。あたしは合掌を決めるためにレバーを引いた。

あれ???ふごごごっていう音がしない。

まいったなぁ、また中の金具が外れたのかなぁ、とブチブチといいながらタンクの蓋を開けた。ここ最近中の金具が外れていうことがしょっちゅうで、イチイチ4つの作業のあとに5.タンクを上げて手動で中の蓋を上げるなんていうものもついていたのだ。

だが、今回のはちょっとちがう。いやいや、ちょっとどころではなく大いに違っていたのだ。

タンクの中を見たことのある人は分かると思うがとりあえず、水洗トイレの仕組みを簡単に説明すると。

い.レバーを引っ張ることでタンク底の弁が開き水が便器へと流れる
ろ.再び弁がしまると水がタンクの中に溜まり始める
は.水がタンクにあふれないようにするために水量調節プラスチック容器があり、それが溜まってきたタンクの水によって押し上げられ、一定の高さになると、蛇口の栓と化し、水がとまる

というわけ。
今まではこれでレバーとタンク底蓋をつなぐチェーンが頻繁に外れていたってわけさ。

今回は・・・・・。
水量調節プラスチックが外れていたんだな。

最初なんだかわかんなかったよ。いったいこれはなんだと手にとりまじまじと見つめた後に
・・・トイレがつかえない・・・。

っていうのが分かったというわけさ。
そういえばあたしが使う前にルームメイトがガールフレンドとぎゃ-ぎゃ-騒いでいたが、これのことだったのかと納得。

ぼーっとしていたら、階下にすむ大家の息子が来て「いやぁ、やつ(ルームメイト)がどうも壊しちゃったらしいんだよね。今日中に直しておくからさ、ちょっと外出してきてよ」なんて簡単にいってまたもや引っ込んでしまった。

そうかそうか、また使えないのかって。
納得してる場合じゃないよぉぉ。とすかさず気づいた私。簡単な勉強道具をもって隣町のスターバックスへといそぎましたわ。

その日は21時頃に家についたんだけど、直ってるかなぁとおもいきや、またもや大家の息子に言われた言葉は「明日直すから」・・・・また1日延びた(涙)。
あっちは全然こまった顔もしていないで「いや、心配することはない。使えないことはないんだ。」といい、わたしに使い方を説明した。

なんと、使用する前に水の元栓を開き、使用したあとにまたもや元栓を締めるなんていう動作をしちゃうのだ。使えないよりかはましだから、我慢して翌日までその作業をしましたわ。

それにしても、この家は問題がオオスギ。ハフ~
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:57 | 宛先はNY


過去ログ:ちかてつバックドラフト1<at 2001 02/05 00:35>

1月中旬のこと。
友人シュネーをゆうり自宅につれてくるためにFラインの23番通駅(の訳でいいのか?)からFラインに乗り込んだ。

時間は夕方7時頃。帰宅ラッシュとちょうどぶつかり、地下鉄はなかなかの混み具合だ。ゆうりもシュネーも少々疲れ気味、ちょっと話してはちょっと休んで・・・・などという「営団地下鉄」と同じような感覚を覚えながら時間を過ごしていた。

乗り込んだ駅から5つ目の駅「デランシー通」にて電車がなぜか動かなくなる。ドアも閉まらない。「ははぁん、またもや前の地下鉄車両がつまっているのねぇ」とのんびりまちましょ体制になっていたところ、他の乗客がぞろぞろとおりだした。ん?なんぞやなんぞやト思っていたところ。車掌が出てきて「ここでこの車両はは終点!煙がでてるから!降りて降りて!!」などといってる。なにぃ?けむりだとぉ???スーツケースを慌ててホームに下ろし、どこが煙がでているんだろうと車両を見渡す。でも全然そんな気配はない。5分後ぐらいだろうか?結局車掌が「大丈夫。間違いだったみたい」などといい、他の乗客と一緒にまたもや車両にのりこんだ。

運良く座席もとれて、ついているわ、なーんていう瞬間・・・・。なんとなくモヤとゴムが焼けた臭いが。。。。。。。

「降りて!!!!」やっぱり車両のどこかが燃えているみたい。いやーんとあたしとシュネー含めた乗客はいっせいにホームへ降り立った。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:55 | 宛先はNY


過去ログ:お菓子の島<at 2001 01/02 13:46>

「アイシング」っていうのはご存知?

砂糖と水(シロップか?)を混ぜてクッキーの表面に飾り付けをするのに使うのね。例えば、ジンジャーマンクッキーとかの顔を描いたり、クリスマスにピッタリなツリークッキーをデコレーションしたり。

クッキーの上にちょこちょこっという割合で使っていれば「あら、ちょっとかわいいわね」という有閑マダムな気分になれるのに。どーしてこんなにもクッキーの表面にドカーっっと塗りたくりたくなるんだろうというぐらい表面が真っ白なアイシングクッキーがNYには多いこと多いこと。スノーマンクッキーなんて表面真っ白な上に、食紅で色つけたアイシングをのせちゃっていて、横からの断面図は化石発掘隊もびっくりなきれいな層ができているって訳。だから食べてると「ん?歯が痛い・・・」となってしまうのであります。

そんな表面が真っ白なアイシングクッキーではありますが。
雪も無事にやんで新年早々のマンハッタン。30cm積もった雪も今日のお天気でずいぶんと溶け出してはいるものの。まだ雪解けも完全じゃなくって、赤いレンガや茶色いレンガなどのアパートにまだうっすらと雪が残って降りました。クリスマスが終わっても飾りつけははずしてないから、所々緑や赤いリボンなんかにも雪が積もっていて。そう。見事マンハッタンのアパート群がアイシングクッキーに変貌を遂げていたのです。

うまそーでしょ。
ちょっと今日はいろいろアパートを眺めながらマンハッタン(といっても毎度の事ながらダウンタウンさ)を散策。「あのビルは、ちょっと焦げすぎ」「これ、砂糖多そうだなぁ」と一人でポケーとアパート群を眺めながらまだ残っている道路の雪をギュギュギュっと踏みしめテおりました。

がっ、新年早々今年を占う大事件発生。

上ばっかり見てたからさ。なんか感触が違うなっていうのを一瞬感じたのね。あっ、っと思った瞬間。

雪が解けた水溜りに足をドボーンと突っ込んでしまった。

思わずその時「ウぎゃーぁぁぁぁ」と叫んだわ。もちろんみーんな振り返ってるし、後ろから来たオネーサンに「大丈夫?気がつかなかったのねぇ」と支えて貰う始末。
見事右足はフローズン状態になってしまったわよ。

ううっ。今年こそ。今年こそいい年にしたいのに。
どうもこのボケボケ度は今年も健在です。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:53 | 宛先はNY


過去ログ:年末大雪<at 2000 12/31 15:28>

日本の皆様こんにちわ いかがおすごしでしょうか
こちらNYただいま大嵐の真っ最中。朝起きてドアを開けたら雪がひざぐらいの高さまで積もってるのよ。
目玉がぽよよーんと飛び出るというのを初めて体験。

テレビでは「猛吹雪2000」というスペシャル番組を編成。大統領選挙並に報道が繰り広げられてるし。
そんなタイトルをつけちゃうところがアメリカ(うふっ)

テレビでは公衆衛生局長が注意を呼びかけてたわ;
今日出かける用事がない人は出かけないでください。出かける用事がある人は完全に暖かい服装をしてください。って。
風が強いからさらに寒さは厳しさを増してたのよね。

でもがきんこたちは大喜び。きゃーきゃー言いながら雪球を作って投げ合ってる。あたしといえば最初は楽しかったんだけど、だんだんブーツの中に冷たさが浸透してきて「さびい、つべたい」とよたよた歩き
。そんなときにがきんこの流れ弾に当たってあえなく雪の中に撃沈しそうになってしまった。

水鉄砲ならぬ雪球機関銃があったら、ぜったいにその時にゴルゴ13並にあたしを撃沈したガキを一発でしとめていたはずだわ。

ま。
12月31日のカウントダウンイベントの収益に影響が出るとジュリアーニ市長は嘆いておりまする。
そう、明日も予報は雪。

みなさま良いお年を。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:49 | 宛先はNY


過去ログ:体力つかうよクリスマス<at 2000 12/26 08:21>

日本のクリスマスはどうなってるのかなぁぁぁぁぁとふと思ってしまった今日。
ちょいっと欲しいものがあったのでマンハッタンまで出かけてまいりました。
が、忘れてたんだよね、今日がホントのクリスマスだっていうことを。

みーんなしまっている。
クリスマス前には24時間開いていたKマートも。
2ブロックあれば絶対スグにみつかるマツキヨアメリカ版「デュエイン・リード」も。
ムッとくる臭いを誘う街中ピーナッツ露店さえもでていない。

しまった。なのにあたしはでかいカートを一人持って、なんでマンハッタンを散策しなきゃいけないんだ。
ガルルル~とうなりながらお家へと戻りましたわ。
昨日があまりにも激しい、熱い夜(うふっ)だったので、そのギャップであんまり実感がわかないんだよね、25日クリスマスっていうのが。ほんとに日本の三が日に相当するわ。

えっ、興味ある??熱い夜って???

私の部屋の下にはカリビアン出身の大家の弟家族が住んでいるんだけど。昨日は家族パーティーを開いたらしく、「めったに使わないだろう!」っていう最大音量にしてカリビアンレゲエサンバ・サンタ音楽をかけててさ。しかも夜中23時を過ぎても大音量はかわらず。21時過ぎには階上に住んでいるパキスタン系医者が帰ってきて負けじと中近東音楽を最大音量でかけ始めて。

真中で静かにジャズを聞いていたあたしは、何を聞いているかわからなくなったわ。

さらにいつもと違ってヒーターはガンガンに入れるし。半そでTシャツでも大丈夫!!ほんとにここはNY??

しーかーも。あたしの部屋は1階で家の裏庭に面しているのね。昨日の22時時点の気温は明らかに0度を下回っていたのに、大家弟夫婦の子供何人かがバスケをし始めるのさ。きゃーきゃーいいながら。

もうこりゃだめだと断念し寝ようとしたら。低音があまりにも響くから床から振動が伝わってくるのよ。

熱い!!熱すぎる!!恐るべしカリビアン。さすがだラスタファリ。

たのむぅぅ。クリスマスは静かに過ごさせてくれぇぇぇ。っていうあたしの願いは彼らのパワーの前にもろくも崩れ去ったのでありんす。

ねっ。熱い夜でしょ。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:48 | 宛先はNY


過去ログ:タクシードライバー2<at 2000 12/11 10:15>

12月10日AM0時過ぎ。その車はきた。呼んでから30分以上は経っていた。
友人とと私はすかさずタクシーに乗り込み、見送ってくれた人に手を振った途端タクシーは走り出した。
中では静かなジャズが流れている。

クイーンズのプライベートハウスの家々を通り過ぎる。どの家もライティングにこだわりを見せていて、ソリとサンタが家の上にのっているものまでアル。ライティングを堪能しながらタクシーは真夜中の道路をスムーズに走り抜け高速道路へとはいった。

マンハッタンを沿うように走る高速道路からマンハッタンは土曜日だからだろうか、真夜中なのに消して消えることのない灯りをともしている。「スカイスクレイパー」エンパイアステートビルのライティングも尖塔が緑色のクリスマスイルミネーションへと変わっている。

高速道路を降り、ブルックリンを南東に走り抜けるフラットブッシュアベニューへと移る。1時を過ぎたのにも関わらず歩いている人を何人か見かける。ブルックリンでは老舗に入るであろう「カフェジュニア」もコウコウと灯りがついていてカップルが楽しそうにデートをしているのが見える。「眠らない街」はマンハッタンだけでなく、ブルックリンでも健在だ。そしてこの眠らない街を毎晩駆け抜けるのがタクシードライバーだ。

彼の名はエディ。頬から顎にかけた髭とニットの帽子で寒さをしのいでいる。
PM6:00~AM6:00が彼の仕事時間だ。この前の休みは木曜日。前の日は
クリスマス休暇ということで6:00~3:00で早く仕事を終えている。

偶然にも先に降ろした私の友人の家の隣の歯医者に彼の妹が働いていて、そこから彼とすこし話す機会を得た。その友人を降ろした後、タクシーは私の家に向かうために、フラットブッシュアベニューを東へ進んだ。

彼も静かなのがイヤだったのだろうか。ポツリポツリと私に話し掛けてきた。
どこで発音を習ったのかと。あたしは自分のことを説明し、「へんでしょ~英語。毎日へこむのヨねぇ。」というと彼はフフッと笑った。その彼の物腰の柔らかさと軽くないノリがイエローキャブの普通のドライバーとは少々違う雰囲気を出していた。

仕事についた理由を聞くと「うーん、長いドラマなんだよ」といいつつも、「若いときにはちゃめちゃやってさ。オフィスでは働けなかったんだ。外の方が好きだったし。それでタクシードライバーになった。以上終わり。」なんていう簡単な答えしか言わず。だが突っ込んだらまた静かに笑い、自分のことを話し始めた。

高校生の時に中退したんだ。いろんなことをしでかしてね。その後7年半刑務所にはいっていたんだ。ムショにはいっていたから仕事を得られなかったっていうのもあるんだけど、それ以上に、人とあんまりうまくコミュニケーションをとれないんだよ。それがわかったのが30歳の時だな。それにオフィスで働いているやつっていうのも好きじゃないし。この仕事についたのが40歳の時、1993年だ。これが・・・・一番長い仕事だなぁ。

ムショという言葉を聞いた途端、ちょっとたじろいでしまったが、決して彼は暴力的な人間には見えなかった。もしかしたら、年月が彼を変えたのかも知れない。ムショの生活を聞こうなんていうことはできなかった。もちろん私の家に近づいているという時間的な問題もあったが、それよりも彼の目の穏やかさの中にも、「これがおれの人生さ」ともう誰にも何も言わせないという凛とした雰囲気を感じ取れたからだ。

私の家の前につき、彼は「ま、英語は君にとって第一外国語じゃないし。俺だって日本語をしゃべろなんて言われたら、落ち込むよ。リラックスして、できる限りのことをすればいいじゃないか。」と私を励ました。

チップを渡し、がんばってねとお互いに言い合い、リモのエディーはまた色鮮やかな眠らない街へと戻っていった。

一段と寒さが身にしみる夜だった。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:47 | 宛先はNY


過去ログ:タクシードライバー<at 2000 12/11 00:15>

ロバート・デ・ニーロの「タクシードライバー」は文句ナシで面白いと思うのはわたしだけではないはず。もちろんあの映画の舞台はニューヨーク。たしかジョディ・フォスターが42nd st.で立っていたんだよね。もちろんあの光景に比べると今はずいぶんきれいになったなあとは思う。

あのタクシードライバーはイエローキャブにのっていたけど。マンハッタン以外ではイエローキャブは見かけない。えっ、じゃあタクシーを使いたいときはマンハッタンからわざわざ呼び寄せなきゃいけないのかというとそうではない。マンハッタン以外では「リモサービス」つまりリムジンタイプの車で人を運ぶサービスを利用するのだ。見た目は普通の車だからタクシーかそうじゃないかってちょっとわかりにくい。

本日(昨日か、正式には)クリスマスパーティーに御呼ばれしたゆうりとあともう一人の奨学金留学生。ブルックリンから地下鉄で1時間、そこから車で30分というクイーンズ地区のはじまでいった。

パーティ開始が7:00。でもメインがでてきたのは9:00という恐ろしいタイムスケジュールで11:00過ぎても一向に終わる気配はなかった。他の人たちはもちろん車できているが、わたしと友人は地下鉄を利用しなければいけない。やはり地下鉄で帰るのはあまりよろしくないであろう、ということでリモサービスが呼ばれた。

うむむ、長くなりそうなのに今は時間がない。
どうしよう・・・・・・。
ということで今日はここまで。明日またリモサービスについてかきまする。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:45 | 宛先はNY


過去ログ:日本料理店に告ぐ<at 2000 12/07 11:13>

連日0度のあたりをふらふらとさまよっているNYの気温。
昼間でも白い息がはっきりと見えて、空を見上げながら息を吐く姿は蒸気機関車さながらの気分だ。

久々にところどころの雲だけで青い空がはっきりと見え、ほぼ快晴といっていい天気の中。午後の授業まで時間があったので、今日は地下鉄ではなくてバスで行こうと決めた。バスはお日様がはいってくるし外の雰囲気も味わえるからね。
もちろん本を持って。

バスに揺られて光合成をしながらあたしは本を読んでいた。ヌクヌクとした日の光と適度の揺れが「ねぇむれぇぇ、よォいこよぉぉぉ」と誘ってくる。が、読んでいる本があまりにも面白すぎた。今日は悪魔に誘惑されずに読破できそうだわ、ムフフ。と、ほくそえむのもつかの間、今度はどうしても本に書き込みをしたくなってきてしまった。

嗚呼、なんていうこと。この読んでいる本は図書館から借りた本。「もういやああん、書きたい。書き込みたいよぉぉ。同じ本が。本が欲しいのよぉぉぉ。」と頭が欲望だけでパンパンに膨らんでいった。

そんななか、乗っているバスが本屋を通ることを思い出したあたし。ピコーんと早押しクイズさながら慌てて「そうだ、あの本屋に行けば絶対にある。あるはずじゃあああああ。」とバスを飛び降りた。目指すは敵地の本陣じゃあ~とダッシュしようとしたとたん。

つるっと。

何とか体勢は維持できたけれど。

誰?いったい誰がこんなところに水を。とキッと目を左側に向けると、

そこは「日本料理テン」


木造のつくりが「ウフフ。ちょっと高いわよ。それでもいいならはいりなさいな。」というオーラを放っている。おぬしなかなかやるよのォ、というアッパレ語をいいたくなる店だ。盛塩だってしちゃってる。

はぁ。
わかるのよ。ええ、理解もできるのよ。
お店の前はきれいにしておきたいしね。日本でも水撒きはよくやるしね。

かといって連日氷が張っちゃうぐらいの寒さだっていうことはわかってるはずなんじゃあないかね?ン?それに滑ったのはあたしだけじゃなかったぞ。あたしの後ろを歩いていたおばちゃんも滑っていたわよ。

頼む。水をまくのはやめてくれ。
まくなら、アメリカサイズ7のアイススケート靴を用意しておくように。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:43 | 宛先はNY


過去ログ:おかいもの<at 2000 12/06 00:19>

日曜日の夕方。
ウォール街の路上の真中に立ってみた。

ウォール街はご存知の通りビジネス街の為、日曜日の夕方となるとほとんどのヒトも車もない。その代わりに、すでにクリスマスへ向けてのライティングが施されているライトが存在感を強め、さらに輝きを増した光のトンネルとなっている。
ウォール街の南端はサウスポートという港であるために、夕暮れ時のオレンジ色に輝く雲たちが光のトンネルの上で横たわっている。

ウォール街のショッピングといえば、ワールドトレードセンターの地下にあるブランドものかもしくは、ブランド商品をディスカウントして売っている「センチュリー21」、そしてピアポートのいずれかになるだろう。

今の季節はクリスマス商戦ということでどの店も20%、30%と大幅な値引きを行っている。もちろん人々もそれを知っているから休みの日は家族ずれで買い物だ。

両手いっぱいに買い物袋をぶら下げた主婦は、疲れきった子供を叱咤しながら家路へ急いでいる。女の子はもうお腹が空いてしまっているみたいだ。

多分平日はこの辺をスーツでびしっと決めて走っているであろう男性が片手に乳母車、胸に赤ちゃんを背負い、話し掛けながらあやしながら歩いている。もちろん赤ちゃんは毛布に埋もれている状態で寒さは絶対に感じないようになっている。

年をとった夫婦であろうか。
こちらはカートというと非常に大きな鉄製のバスケットにタイヤがついたという感じの物なのだが、カートの中にブランド物の袋を詰め込み、誰に何を買ったか確認していた。

もちろんどの人たちもにこやかに、楽しそうに歩いている。
買った物をを身につけるときの自分の姿、プレゼントをあげた時の相手の喜ぶ姿を想像しているみたいだ。

う。サブっ。
さすがに寒さが身に沁みはじめたみたいだ。
私も片手に買ったバナナ1房をもう一度しっかりと握り、地下鉄への入り口へと急いだ。

おいしいバナナでありますように。ニマッ
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:42 | 宛先はNY

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧