宛先はコチラ


カテゴリ:宛先はNY( 56 )



過去ログ:ジャズってなんぼ<at 2000 10/18 21:37>

ニューーオリンズで発生したジャズは、ミシシッピデルタを経由して、シカゴへ。そしてニューヨークへときたわけだけど。

確かに有名どころジャズクラブが多いです。ブルーノート、スィートベイジル、バードランドなどなど。チャージがちょっと高いのが難ですわ(もちろん、日本のブルーノートにくらべりゃやすいっすよ)。チャージがもうちょっと安いところを探すとなると、レベルは少し下がるけど十分に満足できるセッションを聞くこともできまっす(あんまり大してかわんないんじゃない~なーんてたまーにおもっちゃうんだけどさ(笑))。夏の間は大学で無料コンサートをやってるところもあるし、もちろんジャズ専用放送局があるからそれを一日中かけていればジャズに一日中どっぷりと浸れる。タプンタプンと。あっ、違う擬音語だなぁ。

でもでもやっぱりここ特有っていえば地下鉄での演奏を忘れちゃいけないでしょう。うん。

地下鉄のホームとか待ち合わせ場所でいろんな演奏をしてるのね。もちろんみんな勝手にもちこんでるのよ。サックスを吹き―の、ドラムギター全部そろえて「一体どうやって運んできたんだ?」と疑問に思ってしまうぐらいの豪華機材で演奏している人もいるし。たまーに地下鉄車両内でも音楽が聴けますわよ。前聞いたのはアカペラ4人組のホームレスの人たちだったなあ。

あっ、これ、もちろんジャズだけじゃないんだな。馬頭琴を演奏している人もいたし(「スーホの白い馬」って覚えてるかしらん?国語の教科書に載っていた。あれよ、あれ)、ピアニカを吹き鳴らしている人もいたよん。

昨日見た人はカリビアン系のドレッドの髪型をした人。スチールドラムで「ゴッドファーザーのテーマ」を演奏してたの。うーん、なんとなーくさびしい音楽よねぇ・・・、と地下鉄を待っている間聞いていたら、それがだんだん調子が変わってきて、ノリガまさしく「カリビアン」になってきちゃったのよ。あらら、あれってめっちゃくらい映画じゃなかったっけ??って首をかしげたくなっちゃうぐらい。まさしく「クールランニング」の世界(笑)。

天候があんまりよくなかったから、気分だけでも明るくしたかったのかな?

少なくとも一日1回は何らかの音楽を聞いているから気持ちはいいです。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:05 | 宛先はNY


過去ログ:はあ、日中の連絡先~<at 2000 10/16 11:58>

昔々、日本に携帯電話を持っていながら、ほとんど活用していないお間抜けなやつがおったそうじゃ。使い道はほとんどメッセージ機能と留守電サービスだけだったそうじゃ。にしては、携帯を家に忘れてきて連絡が取れないというケースが多かったらしいが・・・・・。

という昔話パターンで開始の本日のお題は「ページャー」。よーするにポケベルのことです。といっても高機能なものを求めてはいけません、「電話番号を表示する」これしかできないんだな~。

といっても携帯電話は持てません。たっかいのよ。それに持っている人が全部払う=普通携帯にかける人が料金負担なのに、受信した人が払う、っていうシステムだしさ(あっこれはサービスタイプによって違うかもしれませんねぇ)。

ということでページャーにしたゆうり。そんなに必要性を感じていなかったんだけど、ある一人の友人が「自分の国に帰る→モー二度とここに戻ってくることはなかろう→どうだい引き継がない?」という提案をしてきたので、持つことにしました。

最初に使ったとき、ふとこまったんだよね。家からそのページャーに連絡するとき、自分の家の電話番号をいれれば、電話は家にかかってくるわな。でもそれが出先だったら????

回答:公衆電話の番号を入力する

そーすると、その公衆電話に電話がかかってくるっていう、まー映画みたいなことをするわけっす。問題はその公衆電話を他の人が使わないようにしなきゃいけないってことだけ。

ともかく、これで日中の待ち合わせミスが減ることを望むわけであります。

でももっと望むのは、IモードをNY進出させろ~ってことだわ。

今じゃ
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:02 | 宛先はNY


過去ログ:フートンとん<at 2000 10/15 00:04>

NYで部屋を借りるとき。家具付きか家具なしかっていう選択がある。家具つきだとベットや机など買わなくて済むから、引越しがラク。その代わり、大家やアパートの部屋を持っているひとの趣味で内装が整えられている場合が多いので、自分の趣味とまったく異なってしまう場合がある。

ちなみに、私の友人の以前の部屋はバラのカーテン、「風と共に去りぬ」に出てくるようなベッドと鏡台、紫色のカーペットがひいてあって、彼女は「耐えられん」と嘆いていた。

もちろん、家具なしなら自分で買わなきゃいけない反面、自分の趣味にあったものを買える。
ゆうりは家具なしの部屋を借りたのでぜーンブ買わなければいけなかった。
もちろん予算と交渉の上ね。
泣く泣く諦めたりしたものもあったんだけど、でも絶対ゆずれないもの・・・・・・それはベット!一度寝始めるとどんなに電話の音が鳴ろうとも起きないわたしはベットはタイへ―ン重要なものなのだ。

最初の居候期間は床で寝ていたから〈背中痛いのよ~)、堅すぎる面で寝るのは絶対いやだったし、かといって、チープなエアーベットで寝るのも多分睡眠障害になるだろうなって思ってたしねぇ・・・。

だからこそ、そこそこいいベットでどんなに寝返っても落ちない広さっていうのが条件だった。
が、ここで問題発生。部屋そんなに広くないんだよ・・・。ベットで全部部屋を埋めるっていうのも???だからちょっと困ってたんだけど。が、同じ値段で比べたら東京以上に狭い(と思う)NYアパートの部屋。そのために人気があるのがFUTONなわけ。

あっ、「ふとん」って発音してはいけません、「フートン」って言うのだよ。このFUTON、日本の布団とはぜんぜん違うんだもん。
体育館のマットレスって覚えてる?アレがベットサイズになっているもの、それがFUTONなのだよ。それがソファーベットになるか、ロフトベットになるかどちらかなんだよね~。
わたしはもちろんソファーベット型を選択。
絶対寝ぼけてはしごから落ちることが想像できたから。

最初にうちにきたときは「おおうっ、中本工事がいたら絶対器械体操やるだろうな」と思った。もちろん前転だってやっちゃったさぁ。それだけしっかりとした厚みと、日本のマットレスとはちがう硬さがあるってこと。いろも白だしね。

やば、先日に続いて、自分の年齢がばれてしまう。だって、バク転っていっても、ジャニーズの皆さんマットレス使わないでしょ。
と言い訳しつつ今日は終了。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:00 | 宛先はNY


過去ログ:まるちゃん、6連発<at 2000 10/14 00:23>

時々無性に「あーカップラーメン(インスタントラーメン)が食べたい」とは日本にいたときも思っていたこと。だから安いときに買っておいて食べたいときに食べるとかよくしますわね。生麺タイプとか、ローストガーリック入りなどいろいろあって、コンビニによるたびに「おっ、新商品ジャン」と目をランランと輝かせていた日々が懐かしい・・・・。

NYでもインスタントラーメンはあります。日本ほどの種類はないし、生麺タイプっていうこだわりインスタントラーメンもないけどね。
やはり2大勢力は「日清」と「マルチャン」。ある店で日清のセールをやっていると、近くの店ではマルチャンのセールをやっているという状況。

で、前のことになるんだけど。
内の近所にチェーン店ではないドラッグストアがあって、そこで「マルチャン7袋で1ドル」っていうセールをやってたのね(普段は6袋)。ん、これは買ってみても損はないかも?と思って、一応全種類買ってみた。
種類は以下のとおり
・チキンクリーム
・オリエンタルフレーバー
・ポーク
・ビーフ
・ローストポーク
・チキン

全部食べたんだけど(もちろん一度じゃないよ)。ほとんどみんな味が同じなのよ。
もちろんチキンクリームはスープが白いけど。それ以外は「どこがどう違うか説明しておくれ、まるちゃん」といいたくなる。「利き酒」ならぬ「利きマルチャンラーメン」を目隠しでやったら10人中8人はみーんな「どれも同じ」って答えると思う。

あっ、けなしてるんじゃないんだからね。このチープ感っていうのは、ゆうり、とてつもなく好きだから〈笑)。

今度は日清6種類買ってみるよ。

今はといえば
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 21:00 | 宛先はNY


過去ログ:ベッドの誘惑<at 2000 10/13 02:27>

現在10月12日お昼の12:13。
さっき起きてしまいました。あまりにもベッドが気持ちよくてフカフカしていたもんで。

先日の極寒3度という記録をした日。
私の部屋にはヒーターがあっても使えなかった。大家が修理をしていなかったからだ。
部屋の中は冷えちゃって冷えちゃってもう大変。冷え性ゆうりは靴下2足履いてもしびれを感じた。

この部屋、外観は「おっけっこういい雰囲気じゃない」と思わせるのだが中は「あら?」と思わせる個所が結構ある。
この前はバスルームのタイルが落っこちてきたし。私の部屋は最初窓の鍵が壊れてた(1階にもかかわらず)。ガスレンジは自動じゃ着かないしね(マッチでやけどしたよ)。もちろん各部屋には、どんなに窓をぴっちり閉めても「まー、なんてさわやかな空気がはいってくるんでしょう」なんて言えちゃうほどの隙間が「ある」。

ということで、その極寒日は毛布にくるまって勉強してたのでございます。ううっ、なんか自分がめっちゃ貧乏に思えてきた。

極寒が続いていた翌日。大家が来た。ごめんごめんといいながらヒーターを直し、「さあ、これで寒くないな」と笑って去っていった。NYの冬ってすごく寒いんでしょ?って聞いたら、「いやそんなに寒くはないと思うけどね」だって。ちなみに彼の出身はキューバ。あれ?寒さを感じないのかなぁ・・・。

さあヒーター稼動!!日本の石油ストーブとは違う独特の匂いがしてくる。NYは地下に蒸気パイプが通ってるからね。その蒸気を使うって訳。でも・・・ブルックリンも同じなのかな?(これは、追々調べて見ましょう。)

ヒーターが稼動するにつれて部屋もぬーくぬく。もちろんそれらの暖かい空気をすってベッドもヌクヌク。
だからヒーターがはいってからというものベッドから出られなくなってしまっただ。
もちろん、部屋が暖かくなったから遅くまで起きていられるっていう理由もあってついつい・・・ね。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 20:57 | 宛先はNY


過去ログ:パスタサラダ考<at 2000 10/11 11:05>

ニューヨークで食べ物を連想してみましょう!
とくれば必ずくるもの、それはデリ。

もちろんマンハッタン内にもいろいろデリはアル。なーんもないゆうりの家の近所にさえだ。
(ただし。おいしいかどうかは別としてね。)

特に最近良く見かけるのは多種多様の「サラダ」。
例えばポテトサラダでも「ジャーマン風」「オリジナル」「クラッシック」など種類がありすぎて選ぶのにも悩んでしまう(それよりどー違うんだ?と思うときもアルが)。

あれこれ私も試してみたが。各デリ共通で私がお手上げナモノがある。
ズバリ「パスタサラダ」だ。

マカロニやロッチーニ(ねじってあるパスタ)などとピーマン、オリーブがあえてある物だ。
わたしは日本でこれが大好物だった。デパ地下グルメにはまったときに、「パスタサラダの食べ比べ」を求め何件のデリをまわったことか!
日本で食べたものは食べてもあまりしつこくなく、さっぱりとしていたものが多かった。

が。NYのパスタサラダはあまりにもしつこい
油はギトギト。食べた後にかならず口の中に「あぶっらっだよぉ」という感覚がのこり、炭酸でさっぱりさせないと気がすまない。

NYでサラダが大流行なのはヘルシー志向が続いているからって聞いたけど、こんなあぶらぎっちょん状態で一体どこがヘルシーなのだ?
わかんないよぉ・・・。

クスンクスン。おいしいパスタサラダが食べたいよぉ。と、おいしいパスタサラダを求めてデリではかならず「パスタサラダ」を注文。
「今度こそ。おいしいパスタサラダでありますように」と願をかけているにも関わらず結果は毎回同じ。

はあ、もう諦めました。自分で作ることにします。

で、作りまっしった。分量間違えまっした。冷蔵庫に大量ストックあーります。
おかげで今週は昼と夜はパスタサラダが私の食卓に上ることは必須。食べにくるかい~?
[PR]
by agua_de_marco | 2005-01-02 20:55 | 宛先はNY


恥ずかしい過去ログ:114ドル???<at 2000 10/11 00:05 >

電話料金の請求書がきた。電話会社は「ベライゾン」。8月からストライキに入って、私の電話取得が申し込んでから1ヵ月後というフトドキなことをしてくれた会社だ。

でも請求書、実は心待ちにしていた。
図書館で利用者カードを作ろうとしたときに、「電話、ガス、水道等の請求書を提示してください。」って言われていたから。それで、住所確認ってことになるわけ。
「図書館に行っても、本が借りることができない」って不便だからね。

ということで封筒開封。じゃじゃーん。

・・・・。

まあね。


今月は請求金額が高いっていうのは予想できていたよ。初めて開設したからね。

・・・。

でも

なんで遠距離サービス加入してるんだ?

留守電サービスまではいってるぞ?

しかもかけホーダイサービスって、14ドルのじゃなくって、40ドルのになっている(もちろんこれはちゃんと確認したのだよ、自分の聞き間違いかと思ってね)

合計69ドルのロス。はあ????

んっもー。ベライゾン、ナにしてんのさぁ。

で電話しました。
「あったし、契約するときになーんもいらないっていったんだけど」っていうと、なかなか商売上手、ひきさがらない。「日本人なら、日本にかけることもあるでしょ。それなら遠距離とか国際電話は必要なんじゃない?」

おおーきく、ふかあく息を吸って、申しました。

「私にはカリフォルニアだろーがフロリダだろーが遠距離電話をする友達はいないし(ううっ、さびしー。でもこれほんと。ほとんどNYだし)、日本にも電話する必要ないのっ。インターネットあるから。とにかくそのサービスはいらないのぉぉ。」と言い張って、勝ちました。やったー。

そのあと。
私が申し込んでいないという主張に基づいて、
余分な料金は来月返ってくることになった。
わーい。

でも114ドルとりあえず払うってことだよね?
今月は赤字じゃ。はあ。

振り返ってみるとね
[PR]
by agua_de_marco | 2004-12-29 23:53 | 宛先はNY


恥ずかしい過去ログ:わたしにはソレができない<at 2000 10/07 11:26>

ひとには出来ることと出来ないことがあるという。

もちろん出来ないといっても、努力次第で克服できることもある。英語しかり、何かしかの楽器やスポーツしかり。達成できるっていうのは達成できるのだけの精神力をもっていることの表れなのかもしれない。

もちろん、わたしには数え切れないほどのできないリストがある。
今までに出来なかった、達成できなかったことを全部イチイチ覚えていたら、「びっくり箱」よろしく頭のばねが確実に伸び切って元に戻らないだろう。

えっ、もう伸び切ってるって??
訂正するよ、「さらに」延びちゃうって。


閑話休題。


そのリストについ最近加えられた項目がある。それは「セルツァー(発泡水)ボトル開け」だ。

かっこ書きにしたようにセルツァーとは発泡水のこと。日本だと「ペリエ」とか「サンペレグリノ」とかがよく出回っている。だからどんなお店でも「ペリエありますか?」というと、例えペリエじゃなくっても炭酸水が出てくる。だが、NYで「ペリエ」は通用しない。「ペリエ、プリーズ」といっても「何?」と聞き返されるのがオチだ。もちろん、「スパークリングウォーター」と言っても同じ結果。何度か試してみたが、「はあ??」と鼻から空気が抜けるような声で聞き返されるだけなのでいい加減諦めた。そう。甘くない、発泡水を飲みたければ「セルツァー」の一言を言えばいい。

このセルツァー、けっこういろんな種類がある。シュウエップス(『ジンジャードライ』だしてます)、シーグラム(ウィスキーでありますな)、ポーランドスプリング(一番NYで売れている天然水らしい)等が代表的なメーカー。各社とも、ラズベリー風味やレモンライム風味など工夫を凝らしている。もちろん販売している単位もだ。500ml、1リットル、2リットルなどだ。あっ、ちなみにお値段は1リットルで1ドル50セント。各社の味の違いっていうのはないんだけれど、今までペリエに慣れていた私がはじめて飲んだときにびっくりしたのは、あまりにも炭酸が強いことだ。飲んだ瞬間舌にビリビリくる。朝空けたビンの残りを夜に飲んでも、炭酸が抜けているっていう感覚があまり感じられなかったっていう事実からもどれだけ強いか想像できるだろう。

この強さが私のネックだ。買うたびに、ボトルを開けるたびにいつも噴き出すのである。
もちろん炭酸だからっていう理由もアルが半端じゃない勢いで噴き出てくるのである。

「そりゃ、ゆうりが振っているからでしょ」なんて思うひともいるかもしれない。でもね、でもね。振ってないだってば。買って、机の上に置いて、10分たっても同じようなことが繰り返されるのだ。結果的に5分の1は確実に減っているというわけ。

自分を恨むべき?それともセルツァーのメーカー???

どちらにしても、買って最初に開けるときが一番スリリングな時間には変わりはない。
つい先ほど、セール中で安くなっていた時にまとめ買いした2リットルのセルツァーを開けた。

・・・。

今は青い色をしたソファーカバーはさらに青みを帯び、本たちは無残な形で床の上で完全復活するのを待っている。そして犯人であるセルツァーは机の上で量を4分の3まで減らし、プチプチという音をたてて「どうだ、まいったろ。この威力!!」といわんがばかりに立っている。
・・・・過去最大量を噴き出してしまった・・・。

くっそぉぉぉぉ!!!!!!!

セールでのまとめがいした本数は3本。残りは2本。あとの2本は果たして無事に噴き出すこともなく開けられるのだろうか。

噴き出さずにボトルを開ける。わたしにはソレができない。

振り返ってみるとね
[PR]
by agua_de_marco | 2004-12-29 23:47 | 宛先はNY


恥ずかしい過去ログ:でるべきものが現れた<at 2000 10/05 08:32 >

今朝のこと。
眠い目をこすりながら、キッチンに向かい、やかんをガスコンロのうえに置こうとした。
その瞬間ガスコンロの奥をサササッと走る黒い影。しかもやけにまるいじゃん。

えっ、ミッキーマウス?

って
いってる場合じゃないよぉ、ねずみだよぃ。
おいおい。どーしよ、初めて見ちまった。ウぎゃー、と朝から騒いでルームメイトをおこしてしまった。ああごめんなさい。

確かにこっち(アメリカ)にはどの家庭にもいると言う話は聞いたけど、目の前を朝っぱらか
通られるなんて思ってもいなかった。
でも私の友人は、寝ているときにベットの上をねずみが走ったことがあるっていってたなぁ。

それに比べればまだいいか。

と変に納得して、そのままにしてしまった。

ん?

でもやだなぁ。。。。

今度あった時にもっとおっっきくなってたら。。。。。


考えれば考えるほどどんどん妄想は膨らんで、私の頭の中では「ふさふさとして、しかも肥えまくった灰色の体からでているツルツルとした尻尾が、目の前を振り子時計のように揺れている姿」ッていうシーンが現れた。あーこわ。

とにかくルームメイトには皿は食べ終わったら洗えい!!と文句をいってそのときは自分の部屋に引っ込んだ。

明日大家に電話しようと思う。ネズミ捕り器もってこーい!!(怒)

振り返ってみるとね
[PR]
by agua_de_marco | 2004-12-29 23:43 | 宛先はNY


恥ずかしい過去ログ:バナナ<at 2000 10/03 13:16>

最近良く食べてるもの。
バナナとりんご。
まるでおサルになった気分だけれど、ほんと、よく食べてる。
街中でも良く売ってるし。

マンハッタンだと1個75セントとかしちゃうけれど、うちの近所だと1lb=75セントということで、マンハッタンでのりんご1個の値段で3個買えちゃう。だからついついりんごとかバナナを買っちゃって、そのままポリポリかじっちゃうんだな。

こんなに安く買えるなら「りんごを使った料理をしよう!」なんていうことを思ってもいい「はず」なんだけど。いかんせん、めんどくさがりやなもんで「丸ごとがうまいんじゃい!むふふーん」と自分を納得させて食べてる。

だからさらにおサルな気分。うきき~。

あっ、忘れてた。
八百屋って韓国系とか中国系の人がやっているほうが質がいいような気がする。そうじゃないお店でバナナを買ったら痛みが早くて、全部食べきれないうちに捨てざるを得なかったのだよ。


あーねむ。

振り返ってみると
[PR]
by agua_de_marco | 2004-12-29 23:41 | 宛先はNY

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧