宛先はコチラ


<   2005年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧



陶芸に行ってきた

中高年を中心とした層に「蕎麦作り・うどん作り」なるものが趣味として定着しており、「蕎麦うちセット」「手打ちうどんセット」などが東急ハンズなどで売られております。こねるときの精神統一が日頃の煩悩を忘れさせてくれるんですかね。こねこね、にゅるにゅる、ぷにぷにっていう触感が特に。。。

真夏で煩悩真っ盛り、夏休みの学生を右斜め45度ラインでうらやましげに睨みながら、陶芸1日体験なぞに行ってまいりました。
c0019396_2275485.jpg

日程が3日ほどあれば、一度乾燥させた後の削りや色付けなどの工程もできるのですが、今回は1日だけなので形を作るだけです。信楽の土を使って最初はよくこねる。寝かせた土が固くなってるのでもみもみ。その後の奮闘がよほどぎこちなかったのか、先生からの手取り足取り指導満載。なんとか形ができて終了です。
c0019396_2282144.jpg

一緒に行った人達も、なんとか奮闘して終了。一度作品を壊したり、余った粘土で埴輪を作ったりなどなど、笑いも満載の陶芸体験。

それよりも、男性に指導をしている先生が「こういうのは『寄せて、上げる』でいいんですよ。まあ、女性の方が得意なんですよね」って。


そりゃー、馬も考えちゃうわな。
c0019396_2283583.jpg

[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-31 22:08


白石さんがついに

「白石さん」って知ってますか?
わたしがその存在を知ったのは、この画像を見てから。

大学生協にある一言カードの掲示板なのですが、回答が絶妙。
Q リュウとケンどっちが強いんですか?同じだろ!
A リュウとケンは、この場合誰のことを指すのでしょう?(漫画のキャラクターか何かですか?)推測の息は出ませんが、竜太と松平健の場合、全盛期ならおそらく竜雷太の方が腕力は上だと思われます。
学生がネタとして書いてきている投稿にたいして、ほどよくずれた回答をしているひとが白石さん。最初読んだときにはホンキで「ま、負けたorz」なんて思ったもんです(いや、別に勝負するつもりなんてないんですがね)。

やはりこの画像がブレイクのきっかけになったらしく。
○白石さんはどこの大学の人だ?
○性別は?
○年齢は??

なんていう話があちらこちらのネットの掲示板で見かけられました。

そのうちに「がんばれ、生協の白石さん」なんて見つけちゃったし。

で、ついに講談社のサイト「MouRa」が、生の白石さんを取材するまでに発展。
白石さんってどんなひとだろう~、知りたいなァと思いつつも空想の世界の中にその存在をとどめておきたい人は見ないほうがいいかもねぇ。


東京農工大学 消費生活協同組合ホームページにはやりとりが掲載されていますが、下の「白石さんのひとこと」にいくつか抜粋しましたよ。

白石さんのひとこと
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-28 23:47 | 宛先はニュースなネタ


かえるー

c0019396_042868.jpg


やっと仕事が終わった(しくしく)。帰れるよぅ・・・。
去年も全く同じ日にこんな状況になってました。ま、去年と違って朝帰りではないのが救いですが(苦笑)。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-28 00:42


無き納豆巻のためのパヴァーヌ

いい天気ですねぇ、今日@東京。

昨日は「早閉め」をした会社もあったようですが、んなのかんけーなし!と残業をしていたゆうりさん。帰る頃(22:00)は雨も上がってるし、電車はスキスキ状態だし「ちょっとだけシアワシ」。

が、連日の残業モードでちとお疲れ気味に入っております。本日「も」朝から開店休業。しょーがないのでテクニシャンマッサージ師のところへ駆け込みました。

<30分後>

もう体がふにゃふにゃ~。ますます意識はとろけモード。

かといって、胃はますますだめですな。こんなときは「納豆巻」+「一日分の野菜<伊藤園>」で終了。でも、私の会社の近所にあるアンパン(注:ampmのこと、ウィキペディアで定義するあんぱんじゃないよ)は、お昼過ぎにいくと納豆巻が売り切れ。

今日もまた・・・・・・・・・・・・売り切れ(涙)。しかたがないので、1ブロック歩いて別店舗のアンパンまで買いに行ったよ。

夜までには納豆巻が入荷してればいいのだが・・・(もちろん残業決定)
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-27 13:15 | 宛先はアチラ


できるかなぁ・・・・

ゴン太くんを知っている人はどれぐらいいるんでしょうかね???
ゴン太くんは、1970年4月~1990年3月までNHKで放映されていた「できるかな」のキャラクター。のっぽさんにいいようにイヂラレていた愛すべき動物。

ああ、今はどこに行けばゴン太くんに逢えることがでっきるっかな、でっきるっつかな♪
と思っていたら、なんとちょっと遠出をしたら出会える場所があるじゃないですかっ。
場所は東京小平市にある白梅学園短大の八木研究室。そこに大きなケースの中に本物のゴン太くんは飾られているらしい!
c0019396_1330358.jpg


うわーん、ゴン太くんだぁ
しかもウェブサイト(白梅できるかな研究所)には身上書まであって

生年月日・・・1974年(昭和49年)4月1日(番組開始から4年後に生まれる)
性別・・・オス(たぶん?)女の子にとても関心が強いから。
生き物としての分類・・・動物学会、生物学会では分類できない。
(ナンデモシリタガリヤ科という説がある。)
体形・・・身長(175cm)、胴回り(205cm)、あごまわり(263cm)、足のサイズ(37,31cm)
体重・・・20キロ
財産・・・100円玉7個、1000円札1束(銀行預金なし)
おむすび2個、たくあん2切れ、せんべい1枚、絵本1冊、ピョンカチ1個、
ナフキン1枚、ハサミ1丁、ネクタイ2本、つけひげ5個、バスケット1個
好物・・・おむすび、女の子、その他いろいろ
嫌いなもの・・・いじめっ子
特技・・・変身(ほとんどの生き物、人間、動物に変身できる。
ただし、変身が苦手なのは、ヘビ,ミミズなど足が無くて、形の長い生き物)

あたし!ゴン太くんと同い年だー(ワァイ)。

ところで、ゴン太くんの鳴声って覚えてます???聞いてみるといろんな回答があがってくるので、「投票システム」作ってみました。が!このエキサイトでは利用できない(シクシク)

こちらにアクセスしてみてくださいな。


参照サイト
白梅できるかな研究所
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-26 13:31 | 宛先はアチラ


世界報道写真展2005

正しい写真の見方があるのかどうかわからないのだが、わたしにとって優れた写真というのは、「見てストーリーが浮かび上がるか否か」という言葉につきる。

写真に映っている一瞬に至るまでの背景。それは何時間か何日間かという短い時間の場合もあるし、何十年か、何百年かという大きな時代の流れのときもある。そしてこの切り取られた一瞬のあとの事柄。これからどうなるんだろうか、どうしていくのだろうか、ということを想像していく。時にはそれはほほえましいものもあれば、残酷なことがあることも当たり前。そして自分の無力感やちっぽけさを改めて認識してしまうこともある。それを一瞬にして伝える。優れた写真はそんな力を持っているんじゃないかとずっと思っている。

6月18日より、恵比寿にある東京都写真美術館にて開催されている世界報道写真展2005に行ってきた。

毎年、世界中のプロカメラマンを対象にして開催される「世界報道写真コンテスト」。48回目を迎える今年、大賞作品となったのは、昨年末スマトラ沖を襲った地震による津波で親族を亡くし、悲しみあふれる女性の姿。
c0019396_1443428.jpg
アルコ・ダッタ (インド、ロイター)
「スマトラ沖地震による津波で親族を亡くし嘆き悲しむ女性」(C) Arko Datta


PC画面上とは違って大きなパネルでみる写真は、完全に言葉を失わせるもの。
死斑が体に現れ、うじが沸いている体。そんな親族を目にした彼女は、やり場のない怒り悲しみをでこぶしを握り締めるも大地を握りつぶすこともできず、大地の表面をかくことしかできない。今までの彼女と親族の関係。そしてこれから彼女はどう生きていくのか。つらい現実を受け入れながらも生きていかねばならない彼女に対しての想像が次々と働き、動くことはできない。

ほかにロシア・北オセチアのべスラン小学校包囲テロやブッシュ・アメリカ大統領の再選、イラク戦争など世界各地の現状を表した作品が選ばれて展示されていたが、私が一気に涙が放出されてしまったのは南アフリカ共和国のDV女性保護センターの写真。南アフリカ共和国では家庭内暴力が蔓延しており、女性 6 人に 1 人が被害にあっているという説もある。そのために家庭内暴力から逃げる女性を守るシェルターがあるのだが、そのシェルターで診察を待つ待合室の写真があった。

6つの個別ベンチの壁は白もしくは灰色なのだろうが、多分座ったら頭が当たるであろう部分の壁が黒くなっており、ベンチによっては壁がはがれたり、穴が開いているものまである。色が変わるほど多くの女性がこのベンチ椅子で診察を待った。穴が開いてしまうほど壁にもたれかかっていた。彼女たちは何を思ってその場にいたのだろうか。自分の無力感、絶望、恐怖、恐怖から逃れた安堵感、また再び恐怖に出会う不安。それらを想像していたら涙が止まらなくなり、目の前がくらくらしてきた。

「一瞬」のパンチ力がこんなに強いものであることを再認識させるこの報道写真展2005は7月31日まで開催されている。残りわずかだが、機会があったら是非いってみてほしい。私は来年も行ってみたいと思う。


世界報道写真展2005(サイトはこちら
■会 期 : 2005年6月18日(土)~7月31日(日)
■休館日 : 毎週月曜日(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)但し、7/25は開館
■会 場 :東京都写真美術館 2階展示室
■料 金 : 一般 700円/学生 600円/中高生・65歳以上 400円

[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-25 14:06 | 宛先はニュースなネタ


皇帝ペンギンを見たのだ

動物行動学という学問分野を確立したコンラート・ローレンツは、刷り込み現象を発見したことで有名。

ローレンツは、ガンの卵を人工孵化してガチョウに育てさせようとたくらんだ。が、一つの卵だけを自分の目の前で孵化させたら、びっくりすることにその雛は彼を追いかけるようになったのだ。その雛をガチョウのふところへ押し込んでも、他の雛がガチョウについて行くのに、その雛だけはローレンツを追ったという。そのため、ローレンツはその雛を同じ寝室で育て、庭で散歩させ、池に入って泳ぎを覚えさせたのだ。

また、ローレンツは赤ちゃんの姿形がかわいいと思わせる特徴をベビーシェマと名付け、それが人に「弱いものを助けなきゃなのよう」と思わせる刺激になっているという説を唱えている。要するに、「大きな頭」「丸い頬」「目と目の間が離れている」「目鼻立ちが低い位置にある」顔。そして、「丸くてずんぐりした体型」は赤ちゃんが生存するための戦略というわけだ。

「戦略的に生きる?え?なんかずるいナー怖いナー」なんて思う人がいるかもしれないが、いいんですよ。見た人が「かわいい」って言ったものは「かわいい」のよぅ。「守ってあげたい」って思ったら「守ってあげたい」のよぅ。

ということで「うっ、かわいい」と思わせる映画を見てきました。それは皇帝ペンギン@恵比寿ガーデンシネマ。

c0019396_21483480.jpg南極で生きる皇帝ペンギンの生態を冬の前~夏直前まで撮影したドキュメンタリー映画です。文部科学省推奨ということでPRをちらちらとテレビで見てはおりましたが、PRで強調されていたのは「日本語吹き替え版では神木隆之介君が声を担当する」とか「父親ペンギンはブリザードが吹き荒れるなか、仲間と円陣を組んで温めあって、120日間も名にも食べずに必死に卵を守る」ということですな。

厳しい自然界の中でカップリングをするためにある場所に集まり、卵を産み、雛を孵し、育てる。ただし、全ての行動には常に生命の危険が伴う。外敵、不注意、偶然の事故。ペンギンは実際に「悲しい」や「うれしい」などという言葉は発しないのですが(ナレーションは時々入る)、それでも見ている側は思わず同情してしまいます。

c0019396_2149771.jpgとはいえ、この映画では泣けなかったですわ。というのも、サウンドトラックが「な、なにこれ??(ポカーン)」というぐらい合っておらず、安っぽさを増長してしまった感が(涙)。ま、それもしょうがないのか。この8880時間のフィルム撮影を、たった3人の仲間と撮影した事実から察するに、サウンドトラックにはお金はかけられなかったのかもしれないもんね。画像を見るだけでも、感慨深いものはあったから、それでよしとする。





参照ページ
皇帝ペンギン(オフィシャルサイト)
赤ちゃんの顔はなぜかわいい?(家庭科学総合研究所ほぼ日出張所)
コンラート・ローレンツ(ウィキペディア)
南極・北極グリーティングカード
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-24 21:51 | 宛先はmovie


本日は開店休業也。

白髪が1本頭のてっぺんからミヨーンと生えているのを発見し。

少年隊の「デカメロン伝説」を「カメレオン伝説」と言ったことにも気がつかず。

昨晩はパティスリーサダハルアオキパリのマカロンを食べて「しあわしー」となったあと、調子をこいて食べた「砂肝のにんにく炒め」と「チゲ鍋」にどうやら胃がやられ、しくしく痛み。

そして予約注文ジュエリーの「7月25日までに申し込めば10%OFF」という文字についつい惹かれ、申込用紙に記入している始末。

ああ、だめジャン。

パティスリーサダハルアオキパリ
スミレ味のマカロンは不思議なオトナ味。
すこしだけミントのような清涼感があるも、口当たりはさらし餡に似てる。
でもよくある「和風」ではなく、軽い口当たりで口の中でクリームがするするーっと溶けていくのです。くどくない甘さに脱帽。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-22 10:47 | 宛先はアチラ


激しく怒ると

まぁ。

めずらしくですね。

仕事中に感情がキレマシタ
ちょっとしたムカッ程度なら、まあ「は?なんですの、ソレハ」という表情と声を荒げる程度で済みます(とはいっても一応周囲の人から見るとかなり怖いそうです)。変に冷静になって、「なんで怒った」「何が不快だった」「どうすればよかった」なんて悶々と考えちゃうモードに入るので。

でもほんとに

ムーカムカムカムカ。
どーーーーーーいぅことよぅ!!!


っていう理不尽なことにぶつかると、だめですね。自省のモードに入れません。といっても、モノを投げるとか、ちゃぶ台をひっくり返すとか、火を吹くとかはしないですよ。ピークに達した不快感をそのまま表すのではなく、なんとかして昇華しようという方向に走るので、おかしな行動に走ります。頭にきても、むかついても、一応「職場だから」という意識がブレーキとなるわけです。

で。おかしな行動が一通り終わると、すごく眠くなるんですよ。感情を発散させちゃったからでしょうかね、ぽけーっとしてだんだん目が閉じてくる。

今、すごく眠いです。ふわぁ。

他にもこういうひとっているのかなーと思って調べてみたら、「子供の情緒発達の段階」に関する情報を提供しているサイトの中に、気になる文章を発見。

情緒発達の段階
第1段階(0ヵ月-)
集中性・高揚性の不快と非情緒的沈静 欲求不満・不快刺激で緊張して怒る。沈静して、眠くなる。
第2段階(1ヵ月-)
集中性の快と非情緒的沈静 感覚遊びで、緊張して喜ぶ。沈静しておとなしくなる。
第3段階(3ヵ月-)
高揚性の快と非情緒的沈静 期待で高揚した喜びを示す。沈静しておとなしくなる。
第4段階(6ヵ月-)
くつろぎ性の快=情緒的沈静 予期した結果が成就して、満足感を感じる。安心感に基づく愛着の現れ。
第5段階(1歳-)
達成感(自信)と他者評価(賞賛を喜ぶ) 目標達成で達成感を感じ、人に誉められて喜ぶ
第6段階(2歳-)
自己評価(賞賛を希求)と自我意識 目標達成で自己満足し、人に見てもらいたがる。人に叱られて悲しむ。
第7段階(3歳-)
役割意識と理屈の理解 他者と自分を比較し、得意になったり劣等感を持つ。

あたしは0ヶ月の子供なのかー。
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-21 17:23 | 宛先はアチラ


身の回りの動物たち

6月18日の時点で、馬と一緒に飲んでるゆうりさんですが、馬を見かける機会がずいぶんと増えた気がします。

でも、実は3年前から、飲む以上にすごいことをやっている動物たちがいたのですね。
c0019396_15293455.jpg
その名もズーラシアンブラス。希少動物で編成されたブラスバンドです。
彼らのHPによれば
c0019396_1521973.jpg○指揮:オカピ

c0019396_15212819.jpg○トランペット:インドライオン


c0019396_1522773.jpg○トランペット:ドゥクラングール


c0019396_15221999.jpg○ホルン:マレーバク


c0019396_15225181.jpg○トロンボーン:スマトラトラ


c0019396_152353.jpg○チューバ:ホッキョクグマ


c0019396_15303332.jpg○トランペット:ゴールデンターキン


という構成。指揮のオカピは「好き勝手に暴走しがちなメンバーをまとめなければならないため、優等生ぶりにもますます磨きがかかる。悩めるリーダー。 」ということらしいが、そのとおりであろう。だって、肉食と草食が入り乱れてるもの。

それなのに人気投票は7匹中7位。がんばってほしいものです。

時事通信社のニュースによれば、いつもは「よこはま動物園ズーラシア」を「ねぐら」にしていて、年30回ほどコンサートで全国を回っているとのことですが、それには結婚式も含まれます。
c0019396_15312012.jpg

しかも8月には4枚目のCD発売です。ちょっとだけ応援したりしてみます(心の中だけ)。
c0019396_1534246.jpg


でも新しい写真には、うさぎ2匹が加入しているものの、ゴールデンターキンがいない(汗)。どこにいったんでしょう???


どっちにしても、おウマさんたち、負けていられないよ。


参照サイト:ズーラシアンブラス
[PR]
by agua_de_marco | 2005-07-19 15:45 | 宛先はニュースなネタ

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧