人気ブログランキング |

宛先はコチラ


2005年 01月 06日 ( 2 )



これが「かすたまーりれーしょんしっぷ」っていうんだね

CRMとは「顧客関係性のマネジメント」といわれています。これは商品やサービスの購入を継続してもらうために企業がとらなければならない顧客とのコミュニケーション手法の1つと理解するとよいと思います。「マネジメント」という言葉が入っていることからも、これは経営手法の1つであり、マーケティング戦略の上位概念に位置付けられます。

のっけからお堅いお話です。今日から仕事が始動しました。

といっても、私はCRMのお仕事をしているわけではありません。どちらかというと、実施している会社に捕らえられているほうです。

CRMの最大の特徴は、<略>「顧客の嗜好や属性に基づいて顧客を個客として扱い、かつ個客との対話により一人ひとりのニーズに適合した商品やサービスを提供する」という顧客中心主義の高度なダイレクト・マーケティング的なアプローチにあるといえます。

これを読めば読むたび、私はCRMで成功しているところを思い出します。

私が通っている「Y歯科」です。

わたくし、ゆうり、お恥ずかしながら、「忘れっぽい」。
お湯を沸かしているのをすっかり忘れて、煙を出してしまったり。
スーツケースの鍵を家においてきて、一週間ほどスーツケースを開けることができなかったり。
人の名前の漢字を忘れたり。
・・・。

関係者のみなさま、すいません、本当にご迷惑おかけしております。この場を借りてお詫び申し上げます。まだ見捨てないでください。

こんな感じなので、歯医者の予約をいれても忘れちゃうことが多いのです。

そこで、歯医者が提案したことが、「ゆうりさん、歯医者の予約が入っている日には電話しますねっっ」、ということなのです。

おかげさまで最近は歯医者の予約をすっぽかす(わざとじゃなくて、わすれちゃうんだってば)ということはなくなったのですが、たまに歯医者のほうが私に電話をくれることを忘れてしまうことがあります。
そんな時は、歯医者の方から電話があって、「ゆうりさんっ、ほんとにすいません。今日お電話することを忘れてしまって」と謝られてしまうのです。

すかさず、電話を横で聞いている会社の同僚が「っていうより、あんたが悪いからっ」って。
ええ、そうです。私が悪いのです。毎回行くたびに「いつもすいません、ほんとに」と謝っております。

この歯医者にかようことかれこれ2年6ヶ月が過ぎました。
先ほど家に年賀状が届いておりました。

「いつも明るく、笑顔で治療に来ていただき、ありがとうございます。本年もよろしくお願いします」
という歯医者の先生2名の連名と

「今年も、予約の確認TELしますからね~っ!」
という受付&歯科助手の方たちの名前が。

去年は、「今年もよろしくお願いします」だけでした。
もうこの歯医者以外行けそうにもありません。
F先生&M先生今年もよろしくお願いします。でも治療中に笑わせるのはやめようね(笑)。

ふと考えてみると
by agua_de_marco | 2005-01-06 21:56 | 宛先は過去日記


あなたのお名前、なんてぇの?

新年早々、姓が急に変わった人が職場にいてびっくりしています。本人も「いやー、正月に変わるなんて思っていなかったよ(笑)」なんて言っています。その人のことは姓で呼んでいたので、呼び名を変えなければいけないのか?などと思いましたが、仕事上では旧姓を使用するとのこと。長年旧姓で仕事をしており、愛着もあるし、呼び名が増えるのがめんどくさいからということでした。なるほど、よーするに「源氏名」ということですな。

確かに呼び名がいろいろあると、呼ばれても気がつかないこととか多そうですよね。

ブログなりネット上のコミュニティーに参加する場合は、(よーするに)あだ名を使いますよね。コミュニティー毎に使い分けちゃったり。ネットコミュニティーじゃなくても、新しい学校や、クラスに入るときに「『○○』って呼んでね」なーんてやってたでしょ????

わたくし、ゆうりも、そりゃーいろんな呼び名がありました。

「ゆうり」、「うり」、「うりうり」、「うりこ嬢」、「はち」、「はちぽち」、「ぱちもん」、「はっちゃん」etc.
しかも、これがコミュニティー毎に異なったりしているので、時々異コミュニティーの友達同士を引き合わせると、お互い私の名前の呼び名が異なっていて、こんがらがってしまったり。

そんな時に思うのは、「嗚呼、すべての呼び名を統一したい

かといって、実際に身内で呼ばれている名前で呼ばれるというのも、なんとなく「はずかすぃー」。

わたくし、家で呼ばれている名はどう考えてもいぢめな名です。

「B」、「ビスコ」、「バビコ」、「とんちゃん」、「とんきち」etc.
前半の「B」は小さいことにビービー泣いていたから、という理由があり、「ビスコ」、「バビコ」はそれから派生したのでしょうが。

「とんちゃん」&「とんきち」はないでしょう(涙)。

・・・。

分かりました。ここらで呼び名を決めてしまいましょう。もちろん、身内から呼ばれる名前は却下です(もしも呼ぶ人がいたら気をつけてくださいね、特に背中)。)。

ここはブログ=ネット社会ということですから、ネット上のサービスを利用しましょう。
あだ名メーカーに自分の名前を入力して。。。

ポチとな。

お、でたでた。

あなたのあだ名は「ゆーマン」です。
・・・。

ゆーマン?

・・・・・。

ゆーマンだってぇぇぇぇ?????

こんなのは、小学生以下のあだ名です。30歳を過ぎているのに、これで呼ばれたら泣きます。

すいません、「ゆうり」ということでお願いします。「ゆーマン」なんかで呼ぶひとがいたら、刺客を送り込みます


あ、あだなメーカーであだ名を作ったら教えてくださいね。

いろんなあだ名
by agua_de_marco | 2005-01-06 00:50 | 宛先は過去日記

    

自問自答、自己満足、自我夢中な情報のみ
by agua_de_marco
カテゴリ
最新のトラックバック
世界報道写真展 2006..
from Shoulder.jp
スカーレット・ヨハンソン..
from アメリカデザイン日記 ver..
バレンタイン
from 青空とひなたぼっことコーヒーと
オーバー・ザ・トップ
from 築山ブログ有城
お子様ランチの謎
from 天竺堂通信
えーっ、何なの?
from ねこねこ空間
お蕎麦屋さんの幻メニュー..
from Short Cappuccino
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
秋の絶叫高級グルメ『ジビ..
from エンターテイメントcasTY..
恋のマイヤヒー・もすかう..
from 「薩摩宣伝隊+自由の戦士」ブ..
お気に入りブログ
リンク
検索
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧